上高地散策:GWの山荘暮らし2日目

  • 2012/04/28(土) 21:11:43

4月28日(土)快晴

 5:50に起きて朝食の準備をした。

 ガーリック・トーストにベーコン・エッグ、レタスとミニトマトのサラダ、コーヒー、牛乳で朝食にした。
 
 現地の天気情報をインターネットで調べてみると、快晴で気温は20度前後になるらしい。

 8:15に山荘を出発した。

 雲一つ無い快晴で、北アルプスの雪を抱いた山々が良く見えた。

 散策の途中で食べたいので、松本の「ほっともっと」でおにぎりを買って行った。

 沢渡の駐車場で500円払って、以前に利用したことのあるタクシーに電話して来てもらった。

 10人乗りのワゴン車で、大正池まで3200円で運んでもらった。

 10:30に大正池に到着し、先ずは河童橋目指して散策を開始した。


大正池越しに焼岳を望む 所々に残雪の山が見える
大正池越しに焼岳を望む
       所々に残雪の山が見える

 開山祭のあった昨日は天気が悪かったらしいが、今日は7月上旬の気候ということで、早くも汗ばんできた。


梓川越しに奥穂高岳を望む 青空に映える焼岳
梓川越しに奥穂高岳を望む
      青空に映える焼岳

遊歩道の所々に残る雪 水の美しさに暫し見とれる
遊歩道の所々に残る雪
        水の美しさに暫し見とれる

鉄分が多く葉や土が茶色に染まっている 雪が残る遊歩道を行く
鉄分が多く葉や土が茶色に染まっている
  雪が残る遊歩道を行く

 梓川沿いに田代橋や穂高橋を渡り、12:00に上高地西糸屋山荘の前でお昼にした。


穂高橋から明神岳を望む 西糸屋山荘前でおにぎりの昼食
穂高橋から明神岳を望む
       西糸屋山荘前でおにぎりの昼食

 その後、河童橋を経て、梓川右岸道を進んだ。


河童橋 岳沢・奥穂高岳を望む
河童橋
               岳沢・奥穂高岳を望む

 雲一つ無い青空に映えて、焼岳や奥穂高岳、明神岳などの北アルプスの山々が実に見事に眺めることができた。

 遊歩道には所々に残雪があって、雪解け水を集めて流れる梓川の水量は豊富で、水の美しさには暫し見惚れるほどだった。


 穂高神社の奥宮を経由して、明神橋を渡り、帰りは梓川左岸道を歩いて帰った。

雪解け水が勢いよく流れて 穂高神社・奥宮の鳥居越しに明神岳を望む
雪解け水が勢いよく流れて
      穂高神社・奥宮の鳥居越しに明神岳を望む

明神橋 青空に映える明神岳
明神橋
               青空に映える明神岳

夢中で新芽を貪るサル
夢中で新芽を貪るサル


 結局、約13キロ、22,000歩のウォーキングだった。


 14:40に河童橋の駐車場に到着し、タクシーに来てもらって、15:00に帰路に着いた。

 料金4000円を支払って、15:30に沢渡の駐車場を後にした。

 途中、鵬雲崎に寄ってみたが、昔のように崖の先端までは行かれないようになっていた。

 16:30に南松本の「林檎の湯屋おぶ〜」に到着し、散策の汗と疲れを流してきた。

 「おぶ〜」で約2時間過ごして、塩尻の「デリシア」で買物をして、19:10にファミリー割烹「ゆたか」に到着した。

 もうすでに満席かと半ば覚悟していたが、幸い6人掛けの席が空いて、夕食をとることができた。


ファミリー割烹「ゆたか」の日替わり定食
ファミリー割烹「ゆたか」の日替わり定食


 20:20に山荘に到着したが、全員カラオケをする元気は無くなっていた。

 今日は、これまでに経験したことのない程の好天に恵まれ、最高の上高地散策を満喫することができた。

 途中のホテルの売店で購入した「上高地散策マップ」(100円)は、とても分かりやすい鳥瞰図が入っていて良かった。


上高地散策マップ
上高地散策マップ


みどり湖の水芭蕉園:GWの山荘暮らし初日

  • 2012/04/27(金) 21:09:23

4月27日(金)小雨のち曇りのち晴れ

 今年のGWも塩嶺の山荘で過ごすことにした。

 先ずは一人で先に行って、後から親戚や家族を迎えることにした。

 生憎の小雨の中、8時前に我が家を出発した。

 気温はすでに18度まであがっていた。

 高速道路は順調に流れていて、8:50に大月ICを降りて、20号線をのんびり走った。

 一宮御坂辺りで雨は上がり、晴れ間も見えてきた。

 10:25に道の駅「はくしゅう」で野菜を買った。

 東京のスーパーでは200円近くするレタスが100円だった。

 諏訪湖の近辺は、桜が満開だった。

 あまりに見事だったので、つい車から降りて写真を撮ってきた。


諏訪湖畔の見事な桜2012.4.27 諏訪湖畔の桜は満開2012.4.27
諏訪湖畔の見事な桜
         諏訪湖畔の桜は満開

 12時前に山荘に到着した。

 心配していたトイレのタンク近辺から水漏れしているのを発見して、直ちに水道工事屋さんに電話した。

 この時期、寒冷地特有の水道トラブルが多いせいか、直ぐには来てもらえないので、ベランダや庭の掃除を始めた。

 花壇の掃除をしていて、ヒヤシンスらしき花が咲いているのを発見した。


ヒヤシンス?
ヒヤシンス?


 水仙の芽は膨らみ始めたところだ。

 14:00前に、妹夫婦2組の車が到着した。

 みどり湖の水芭蕉公園の水芭蕉が見頃になったらしいので、皆で行ってみた。


みどり湖の水芭蕉公園1 みどり湖の水芭蕉公園2
みどり湖の水芭蕉公園


 薫風爽やかな中、可憐に息づいている水芭蕉をじっくり観賞することができた。


みどり湖の水芭蕉1 みどり湖の水芭蕉2
みどり湖の水芭蕉


みどり湖の桜2 みどり湖の水仙
みどり湖の桜
            みどり湖の水仙

 トイレの修理が終えるのを待って、みのわ温泉「ながたの湯」へ向かった。


 「ながたの湯」近辺は、桜が満開で、露天風呂の前の桜を眺めながら温泉を楽しむことができた。

 拍子抜けするほど空いていたのも良かった。

 1時間半ほどを「ながたの湯」で過ごし、19:30に山荘に戻った。

 久しぶりに綺麗な星空を見た気がする。

四街道ゴルフクラブ

  • 2012/04/24(火) 17:05:05

4月24日(火)晴れ

 今年2回目のゴルフに四街道ゴルフクラブに行ってきた。

 先月初めに痛めた左肩が完治してないが、大分痛みが薄らいできたようなので、出掛けることにした。

 5時に起きて、6時過ぎに出発し、井の頭線の新代田駅で友人をピックアップし、幡ヶ谷ICから首都高に入った。

 すでに気温は15度まで上がっていた。

 天気情報では東京は25度位まで上がると言っていたが、その通りになった。

 ほとんど渋滞に遭わず約1時間10分で四街道ゴルフクラブに到着した。

 8:18から2組8人でスタートした。

 8年ぶりなので、ほとんどコースの記憶は無くなっていた。

 コースの所々に桜の花が見られた。


四街道GCの桜1 四街道GCの桜2
四街道GCの所々で桜の花が見られた


 痛めていた肩はやはり痛くて、満足なゴルフは出来なかったのは残念だった。

 それにしても、急激な暑さには参った。

 1ラウンド終えて、皆でお茶して、14:20に帰路に着いた。

 帰りもまったく渋滞に遭わずに、15:15には明大前に友人を送り、15:40に帰宅することができた。


 

雨を避けて一目散:秩父ツーリング2日目

  • 2012/04/22(日) 18:03:07

4月22日(日)曇り

 6:30から入れる温泉に一風呂浴びて、8:00から朝食をいただいた。

 品数が豊富で、8種類の黒米のご飯を始めとしたヘルシーな食事に十分満足した。


丸山鉱泉旅館の朝食 豆乳
丸山鉱泉旅館の朝食
         豆乳

 旅館の前で記念写真を撮って、9時頃出発した。

 今日も寒く、出発時は7度しかなかった。

 西から雨が迫っているようなので、早く帰ることになり、140号線で寄居を経て、花園ICから関越道に入った。

 10:30に高坂SAで小休止して流れ解散になった。

 何とか雨に降られずに、練馬で関越道を降りて、11:45に無事我が家に無事帰着した。

本日の走行:103km(2日間累計:364km)


桜と桃の花の競演:秩父ツーリング初日

  • 2012/04/21(土) 22:00:05

4月21日(土)曇りのち晴れのち曇り

 今年2回目のバイクのグループ・ツーリングは、1泊2日で秩父方面を走ることになった。

 今朝の秩父方面の天気情報では、今日は曇りで気温は9〜15度、明日は曇りのち雨で気温は6〜12度と、いずれも1ヶ月前の気温だという。

 寒さを予想して、皮つなぎの上にツーリング・ハケットを着て、オーバーズボンも用意して、8時に我が家を出発した。

 永福ICから高速に入ったが、渋滞は八王子ICを過ぎた辺りから始まった。

 8:45には集合場所の談合坂SAに到着したが、千葉からの仲間はすでに8:40に到着したという。

 家を出る時は12度あったが、直ぐに10度前後まで下がった。

 GW前の休日だというのに、車の量は多く、女子トイレには長蛇の列ができていた。

 やはり寒いので、オーバーズボンを履いた。

 仲間の一人は急用のため、もう一人はバッテリー・トラブルのため、いずれも宿に直行することになったので、5人で9:40に出発した。

 大月ICで20号線に降り、笹子トンネルを抜けると、別世界が待っていた。

 何と、一転青空が広がり、気温はどんどん上がり20度までになった。

 ちょうど桜の花が見頃を迎えていたが、勝沼辺りでは桃の花が見事に咲いて、高台から見るとまるでピンクのジュータンを眺めているようだ。


フルーツ村の展望台から勝沼市街を望む
フルーツ村の展望台から勝沼市街を望む


勝沼の桃の花1 勝沼の桃の花2
勝沼の桃の花


 勝沼フルーツラインから大菩薩峠へ向かう道に入り、狭くてきつい山道を慎重に走って、11:25に上日川峠(標高1600m)の「ロッジ長兵衛」で小休止した。


上白川峠のロッジ「長兵衛」
上白川峠のロッジ「長兵衛」


 大菩薩峠に行く登山者で賑わっていた。

 山ぶどうのソースかけアイスクリーム(300円)は、ボリュームもあり、とても美味しかった。


山ぶどうのソースかけアイスクリーム
山ぶどうのソースかけアイスクリーム


 「ロッジ長兵衛」から20号線に7kmほど走って、標高1400mにある「ペンションすずらん」に12:00に到着した。

 このペンションは、昆虫とトレッキング・スクールに特徴があるようで、女将さんの感じが良く、手作りのクッキーやコーヒーを無料でサービスしてくれた。

 ニューギニアの宝石ゾウムシの入ったキーホルダーを孫へのお土産にした。


本物の昆虫が入ったキーホルダー
本物の昆虫が入ったキーホルダー


 レストランにはストーブに火が入っていたので、冷えた身体には有難かった。

 昼食の「たらの芽ご飯」(1000円)には、こごみのマヨネーズ和えやのびるなどが添えられ、とても美味しかった。


ペンションすずらんの「たらの芽ご販」
ペンションすずらんの「たらの芽ご販」


 13:10に「ペンションすずらん」を後にして、快適なワインディング・ロードを楽しみながら20号線に出た。

 しかし、再びフルーツラインを通り、柳沢峠を越えた途端、青空が消えて、気温は7度まで急降下した。

 14:35に丹波山(たばやま)の道の駅「たばやま」で小休止した。

 その後、奥多摩湖を横目に秩父に入り、16:40に今夜の宿「丸山鉱泉旅館」に到着した。

 直行組の一人は、午後3時頃到着していたそうで、もう一人は我々とほぼ同時に無事到着した。

 土曜日とはいえ、宿は満室の盛況ぶりだった。

 温泉は、内湯が2つで、1つは薬草風呂になっており、露天風呂も木肌が優しい造りになっていた。

 薬草風呂には、秩父の山で育った薬草、ドクダミ、マタタビ、オオバコ、マツフジ・マツブサ、ヨモギ、ゲンノショウコなどを利用しているという。

 夕食は、個室の宴会場で、ヘルシーなメニューが嬉しかった。


丸山鉱泉旅館の夕食 陶板焼き
丸山鉱泉旅館の夕食
         陶板焼き

蕎麦がき 天麩羅
蕎麦がき
              天麩羅

山菜炊き込みご飯 山菜うどん
山菜炊き込みご飯
          山菜うどん

デザート
デザート


 サービスに夜食を用意してくれたが、とても食べる気になれないほど満腹になってしまった。


サービスの夜食
サービスの夜食


 今日は、1日の中で激しく天気や温度が変化したが、雨具の世話にはならず、桜や桃の花の競演を大いに楽しみながらのツーリングになった。

本日の走行:261km


仏壇の買い替え

  • 2012/04/18(水) 17:52:48

4月18日(水)快晴

 狭山の妹の家を訪ねるついでに、狭山にある仏壇のお店に見に行ってきた。

 今ある仏壇は、マンション住まいしていた頃に買ったもので、いわゆるミニ仏壇と言われるものだ。

 インターネットの通販でも色々売られているが、こればかりは実物を見て慎重を期す必要がある。

 何しろ日頃から仏事に関しては知識が乏しいので、お店の方から「仏壇の魂抜・魂入」や「古い仏壇の処分方法」などについて教えてもらってきた。

 もちろん、仏壇そのものについては、色々現物を見せてもらってきた。

 かなり参考になったが、今日は買わずに帰ってきた。


東京六甲男性合唱団

  • 2012/04/14(土) 18:52:42

4月14日(土)雨

 バイク仲間の友人が出演する「東京六甲男性合唱団」の第4回定期演奏会に行ってきた。

 会場は浜離宮朝日ホールで、13:30開演だが、バイク仲間の二人と13:00に待ち合わせした。

 生憎の雨で、しかも昨日より10度も気温が低い、氷雨降る1日になった。

 バスで西新宿5丁目まで行き、都営地下鉄・大江戸線で築地市場駅で降りた。

 地下鉄の出口が朝日新聞の社屋で、その中に会場の「浜離宮朝日ホール」があるので、濡れずに行くことができた。


朝日新聞社屋内にある浜離宮朝日ホール
朝日新聞社屋内にある浜離宮朝日ホール


 会場は、552の座席がほぼ満席の盛況だった。

 男性合唱団の演奏会は初めてだったが、先ず、平均年齢が70歳以上だということに驚いた。

 それにしては見事なハーモニーに感動してしまった。

 特に、輪唱が素晴しく、最後は大きな拍手に応えて、アンコールを2曲も聞かせていただいた。

 この東京六甲男性合唱団は、平均年齢の高さの割には歴史は浅く、創立10年だそうで、今回が第4回目の定期演奏会ということだった。

 プログラムは4部からなり、いずれも見事な合唱で、高齢な方々とは思えない出来栄えだと思った。

 《男性合唱とピアノのための「さすらう若人の歌」》
   「彼女の婚礼の日には」「朝の野原を歩けば」
   「燃えるような短剣をもって」「彼女の青い目が」

   これは、ドイツ語の歌なので、意味は理解できなかった。

 《中村茂隆 作品集》
   「燃え上がれ やさしい海よ」
    男性合唱のためのバラード「未婚」

 《男性合唱組曲「富士山」》
   作品第壱 他4曲

 《オペラ男性合唱曲集》
  
「行け、我が想いよ、金色の翼に乗って」(ヴェルディ:オペラ「ナブッコ」より
  「狩人の合唱」(ウェーバー:オペラ「魔弾の射手」より
  「囚人の合唱」(ベートーヴェン:オペラ「フィデリオ」より
  「水夫の合唱」(ワーグナー:楽劇「さまよえるオランダ人」より
  「巡礼の合唱」(ワーグナー:楽劇「タンホイザー」より
  「兵士の合唱」(グノー:オペラ「ファウスト」より


ふじの温泉・東尾垂の湯:御前崎ドライブ旅行2日目

  • 2012/04/13(金) 20:49:58

4月13日(金)晴れ

 日の出ショーを見ようと、全員5:20頃起きてみたが、残念ながら厚い雲に遮られて、雲を抜けてからしか見ることはできなかった。

ホテル旬彩の部屋から日の出を望む
ホテル旬彩の部屋から日の出を望む


 朝食まで時間があったので、直ぐ下の妹のご主人と二人で、御前崎グランド・ホテルまで散歩してきた。

 ところが、ホテルには人や車の姿がまったく見られず、窓もすべて閉まっていて、まるでゴースト・ホテルのようだった。

 ホテルに戻って聞いてみると、週末とか米軍の來日の時しか営業していないようだということだった。


ホテル御前崎・旬彩の全景 御前崎グランド・ホテル
ホテル御前崎・旬彩の全景
      御前崎グランド・ホテル

 朝食は、特に「あさりの味噌汁」が美味しくて、お代わり自由だったのが印象に残った。

ホテル旬彩の朝食
ホテル旬彩の朝食


 今日も穏やかで暖かい天候に恵まれ、8:30にホテルを出発した。

 しばらく昨日来た道を走り、吉田ICから東名高速に入った。

 昨日よりは雲が目立ったが、今日も富士山の姿を望むことができた。


今日も見られた富士山
今日も見られた富士山


 御殿場ICで降りて、東富士五湖道路に入った。富士吉田・河口湖を経由して、大月JCTで中央道に入った。

 中央道は上野原ICで降りて、かなり細い山道を抜けて、ようやく13:30に相模原にある「ふじの温泉・東尾垂(ひがしおたる)の湯」に到着した。

 隣りには、「ふじの温泉病院」という大きな建物があった。


ふじの温泉・東尾垂の湯 隣にある「ふじの温泉病院」
ふじの温泉・東尾垂の湯
       隣にある「ふじの温泉病院」

 早速、遅い昼食を採り、評判の温泉に浸かった。

 源泉100%のかけ流しで、内湯にはジェット風呂もあり、気持ちの良い露天風呂も備わっている。

 特に印象的だったのは、ミストサウナで、霧状に噴き出されてくるので実に癒される気分だった。

 泉質は、アルカリ性単純温泉で、源泉は44.9度あり、泉質の良さがテレビで紹介されたこともあって、急速に入浴客が増えたらしい。

 お土産に、「王朝きむち」やたくあんを買って、15:30に東尾垂の湯を後にした。

 約20分で中央道・相模湖ICの着き、16:40に無事帰宅した。

桜と富士山:御前崎ドライブ旅行初日

  • 2012/04/12(木) 21:47:41

4月12日(木)快晴

 兄妹会の3家族6人で静岡県・御前崎へ1泊のドライブ旅行に行くことになった。

 車は、6人が一緒に乗れるトヨタ・エスティマを義理の弟の友人からお借りした。

 快晴・微風、気温20度前後の素晴しい天気に恵まれた。

 9:30に我が家を出発し、環七・R246・環八を経由して、10:10に東京ICに入った。

 東名高速では、満開の桜が咲き乱れていたので、花見を楽しみながらのドライブになった。


東名高速の桜1 東名高速の桜2
東名高速の桜


 11:30に富士ICを降りて、富士宮に向かった。

 ナビを頼りに、駐車場のある「富士宮焼きそば」の店「おじまや」に12:00に辿り着いた。

 すでにかなりの客が入っていたが、何とか席を確保することができた。

 家族で夫々、焼きそばとお好み焼きにおでんを4本注文してみた。

 見た目よりも味は濃くなく、もっちりとした食感で美味しかった。

 また、おでんもしっかり味が滲みていて、実に美味しかった。

 こんなに美味しいものをお腹一杯食べて、一人700円とは驚いた。


富士宮「おじまや」 しっかり味が滲みたおでん
富士宮「おじまや」
         しっかり味が滲みたおでん

B級グルメチャンピオンの焼きそば 見た目以上に美味しいお好み焼き
B級グルメチャンピオンの焼きそば
  見た目以上に美味しいお好み焼き

 昼食後、三保の松原へ向かったが、途中に見られる富士山は見事だった。

富士宮浅間神社からの富士山
富士宮浅間神社からの富士山


富士宮へ向かう途中の富士山 由比へ向かう途中の富士山
富士宮へ向かう途中の富士山
     由比へ向かう途中の富士山

 14:10に三保の松原に到着した。

三保の松原
三保の松原


 青空に映えて、海の色が実に美しかった。

 さらに、薫風に身を任せながら富士山を仰ぎ見ることができてラッキーだった。

 帰りがけに、「富士山盛りのしらす」やトマト、静岡茶などを買ってきた。


三保の海岸からの富士山 青空に映えて美しい三保の海
三保の海岸からの富士山
       青空に映えて美しい三保の海

 14:50に三保の松原を後にして、一路、御前崎に向かった。

 16:40に今夜の宿「御前崎ホテル 旬彩」に到着した。

 夕食は、昨年11月末にツーリングで来た時と同じメニューで、実に新鮮で豊富なメニューが食べ切れないほどのボリュームで出てきた。

 私は前回経験していたので、それなりの覚悟はできていたが、他の皆さんは正に驚いていたようだ。

 特に、人数のプラス2〜3人前にして出すという豪華な船盛りの刺身に驚き、カラっと揚がった天麩羅の美味しさに感動し、巨大なマグロの兜煮に呆れ、カニの味噌汁の味の良さに納得したものだ。


ホテル「旬彩」の夕食1 ホテル「旬彩」の夕食2

ホテル「旬彩」の夕食3 ホテル「旬彩」の夕食4

ホテル「旬彩」の夕食5 ホテル「旬彩」の夕食6

孫とのタンデムツーリング

  • 2012/04/08(日) 20:48:08

4月8日(日)快晴

 小学3年生になった孫とタンデムツーリングに行ってきた。

 と言っても、250CCのスクーター・ホンダフォルツァで、近所を約25分間走るだけだった。

 ヘルメットをかぶり、手袋をして、一応様になったが、まだステップに両足が着かないので、スピードを抑え目に走った。

 それでも孫は以前からスクーターに乗るのに憧れていたので、十分満足したようだった。