会津・芦の牧温泉1泊2日のバス旅行−2日目

  • 2008/03/22(土) 19:59:06

3月22日(土)快晴

 今日は、昨日と打って変わって、快晴の好天に恵まれた。 予報では、昨日より5〜6度暖かく、東京は19度まで上がると言っていた。

 6:00に起きて、二人とも朝の温泉を楽しんできた。

美好館での朝食
美好館での朝食

 7:30から朝食をとり、8:15からのNHKの「ちりとてちん」を観て、8:35にホテルを出発した。

 会津若松市内を抜けて、R121で喜多方に向かった。

 9:35に喜多方に到着した。

 これまで喜多方には何度か来たことがあったが、いずれもラーメンを食べにきただけで、「蔵の街」喜多方を歩いたことは無かった。

 「ふれあい通り」を中心に約1時間の散策を楽しんだ。 地酒の蔵元でお酒を買ったり、和菓子屋さんで美味しそうな和菓子を買ったり、のんびりショッピングを楽しむことができた。

蔵元 蔵 田原屋
地酒の蔵元「清川」        喜多方の蔵           和菓子の店「田原屋」

 10:42に喜多方を後にして、11:20に「鶴ヶ城」に到着した。

 入場料360円を払って天守閣に登ったり、石垣に囲まれてひんやりとした塩蔵に降りたりした。

 桜の花見シーズン前だが、かなりの人出が見られた。

 12:20から、「鶴ヶ城会館」でオプションの昼食(わっぱ飯、1,000円)をいただき、13:00に出発した。

鶴ヶ城 天守閣から 雪釣り
鶴ヶ城             天守閣から飯盛山・磐梯山を望む 雪釣り

鶴ヶ城会館 鶴ヶ城会館の昼食
鶴ヶ城会館           鶴ヶ城会館の昼食

 35分ほど走って、猪苗代の「地ビール館」に到着した。 「世界のガラス館」も併設されており、道路の反対側には「野口英世の生家」も見られた。

 「地ビール館」といっても、1階は土産物屋で、2階に地ビールも売っているレストランがあるだけだった。

 また、「世界のガラス館」といっても、ガラス細工の土産物屋で、看板に偽りありという感じがした。

地ビール館 世界のガラス館 野口英世の生家
猪苗代の「地ビール館」       猪苗代の「世界のガラス館」   野口英世の生家

 これで、今回の観光地巡りを終えて、14:20に帰路に着いた。

磐梯山
2日間見え隠れしていた磐梯山

 14:30に、猪苗代・磐梯高原ICから磐越道に入り、東北道に乗り継ぎ、15:20に那須高原SA、16:45には羽生SAでトイレ休憩を取りながら、18:00前に池袋駅、18:25には新宿駅に到着した。

夕陽
都内に入る頃には美しい夕陽が

 今回の旅は、パックツアーには珍しく、スケジュールにゆとりがあり、ゆったりと旅を楽しむことができた。

 19:00前に、無事我が家に帰り着いた。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

会津若松へは観光で何度か行ってます

やっぱり鶴ヶ城はいいですよね〜

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する