大滝乃湯:草津温泉2日目

  • 2011/02/21(月) 22:07:47

2月21日(月)晴れ

 7時にゆっくり起きて、早速朝風呂を一浴びしてさっぱりした。

 窓の外は素晴らしい青空が広がっていて、本白根山の麓から噴煙が一筋上がっていた。

今朝は素晴らしい青空が広がって 本白根山の麓から噴煙が立ち昇っていた
今朝は素晴らしい青空が広がって
  本白根山の麓から噴煙が立ち昇っていた

 8時から朝食の予定だったが、「てっぱん」を観てからになった。

 美味しい朝食だったが、特に鍋の味噌汁は、熱い内に食べられるのが良かった。

味噌汁のお鍋が出た朝食にビックリ
味噌汁のお鍋が出た朝食にビックリ


 10:00にホテルをチェックアウトして、循環バスで「大滝乃湯」へ行く積もりだったが、ホテルの好意でマイクロバスで送ってもらった。

 この「草津グランドホテル」は、建物や施設は老朽化しているが、接客や料理、温泉、見晴しと満足度が高く、また泊まってみたいものである。

また泊まりに来たい草津グランドホテル
また泊まりに来たい草津グランドホテル


 「大滝乃湯」のお湯は、草津グランドホテルの源泉(湯畑)と違うせいか、白濁が強い。

大滝乃湯1 大滝乃湯2
大滝乃湯


 浴室は、大浴場、合わせ湯とも、木のぬくもり溢れる雰囲気の良い木造で、露天風呂は、湯滝を眺めながら名湯を味わうことができる。

 大浴場は、100人が一度に入れるという広さがあり、合わせ湯は、5つの浴槽を順に巡って、39度、42度、44度、45度、46度と、身体を徐々に合わせるように入浴する仕組みになっている。

 評判が良いだけあって、平日の午前中だというのに、休憩場が満員になる程の混み具合だった。

 全員がすっかり満足して、「大滝乃湯」を後にして、循環バスでバスターミナルに向かった。

 2,3日前にスキーで来た時のお土産に買った「松むら饅頭」(9個入り760円)がとても美味しかったので、今日も買って帰ろうと思ったら、売切れていたので残念そうにしていたら、店のご主人が本店に電話してくれて、届けてくれた。

 15:00発の「温泉ライナー」は、ほぼ満席の状態で、定刻通り出発した。

 16:30に渋川・伊香保ICに入り、16:50に上里SAでトイレ休憩しただけで、ほぼ予定通り18:35に東京駅に到着した。

 皆で夕食を摂ってから流れ解散になり、20:00前に無事帰宅した。

今年最初の兄妹会:草津温泉初日

  • 2011/02/20(日) 20:06:55

2月20(日)曇り

 今年最初の兄妹会の旅行は、草津温泉へ行くことになった。

 阪急交通社の「たっぷり!湯ったり!草津温泉フリープラン2日間」というツアーを利用した。

 東京駅八重洲口・鍛冶橋駐車場に9:30集合・出発なので、少し早目に8:00に我が家を出発した。

 バスで新宿駅へ出て、中央線快速で東京駅へ向かった。

 東京駅の「駅弁屋」で弁当を買って行った。

 草津温泉直行の「温泉ライナー」というバスは、27名の乗客でゆったり座ることができた。

割とデラックスなバス 座席を向い合わせにして
割とデラックスなバス
      座席を向い合わせにして

 しかも、前後4席ずつを迎え合わせにすることができて、実に快適なバス旅になった。

皇居前を通過 大手町で見た河津桜か?
皇居前を通過
          大手町で見た河津桜か?

 一ツ橋ICから首都高速に入り、11:00に上里SAでトイレ休憩になった。

 空は次第に薄曇になり、薄日が差すようになった。

 11:35に渋川・伊香保ICを降り、中之条、長野原を通って、12:50に草津温泉バスターミナルに到着した。

 チェックイン時刻の14:00に合わせて、ホテルの送迎バスが来るまで時間があるので、湯畑まで散歩してくることにした。

 日曜日とあって、かなりの人出があった。

湯畑1 湯畑2 湯畑3
湯畑


湯畑横の足湯は超満員
湯畑横の足湯は超満員


 14:10にホテルに入り、一休みしてから温泉を楽しむことになった。

 このホテルは、高台にあるので眺望が良く、スキー場や本白根山も良く見ることが出来る。

草津グランドホテルの部屋からの眺望
草津グランドホテルの部屋からの眺望


 温泉は、湯畑の源泉を引いているとのことで、まったりとした良いお湯だった。

 夕食は、大広間の椅子席で、噂通りの美味しい料理をいただいた。

噂通り美味しい夕食だった
噂通り美味しい夕食だった


 四大陸アイス・スケートで、日本の安藤、浅田がワンツー・フィニシュしたのを見届けて、ホテルの部屋から窓の外を見ると、ナイタースキー場の幽玄な景色を望むことができた。

ホテルの部屋からナイタースキー場を望む
ホテルの部屋からナイタースキー場を望む



強風・突風でスキーを断念:草津国際スキー場最終日

  • 2011/02/18(金) 20:05:01

2月18日(金)曇り

 夕べから雪が降った気配が無い。

 今朝も早速、温泉を一浴びして、さっぱりしてきた。

 今朝の現地予報では、雪のち曇りになっていたが、外は青空が広がっていた。

 8:30にゲレンデに送ってもらい、旅館でリフトの割引引換券(半日券の金額で1日券が買える)を3000円で買って行った。

 ところが、強風のため、リフトは下の方しか動いてなかった。

 1,2本滑ってみたが、強風・突風のため、スキーどころではなく、楽しめないので、リフト代は無駄になってしまうが、早目に帰ることにした。

青空が広がってきたのだが・・ 強風・突風で雪煙が舞うゲレンデ
青空が広がってきたのだが・・
  強風・突風で雪煙が舞うゲレンデ

 チケットセンターで軽井沢行きのバスの時刻表をもらって、11:25発に乗ることにして、9:45に迎えに来てもらった。

 旅館の温泉は既に落としてしまったというので、近くの無料の共同風呂に入ってきた。

 10:30過ぎに旅館を後にして、バスターミナルまで歩いて行った。

 ところで、ここでとんでもないハプニング発生

 14:10まで軽井沢行きのバスは無いというではないか!

 結局、スキー場のチケットセンターで配っている時刻表が古いものだということが分かった。

 バスターミナルの窓口では、最新の時刻表を配布していると言うので、スキー場のチケットセンターの手落ちなのだろう。

超ビッグなバス・チケット
超ビッグなバス・チケット


 それにしても迷惑な話で、約3時間もバスターミナルで無為な時間を過ごさざるを得ない羽目になった。

 ようやく14:10発の「急行草津温泉」バスに乗り、15:30に軽井沢に到着した。

 軽井沢は、草津よりかなり気温が低く、寒かった。

 16:00発の「あさま534号」に連絡する予定だったが、幸い、臨時の15:44発の「あさま570号」に乗ることができた。

 16:52に東京駅に着き、17:45に無事帰宅することが出来た。

予想外の好天:草津国際スキー場2日目

  • 2011/02/17(木) 20:03:57

2月17日(木)晴れ時々曇り

 今日は、朝方曇り空だったが、スキーを始める頃には晴れ間が出てきてた。

 朝の温泉でさっぱりしてから、8:00に階下の宴会場で朝食をいただいた。

 今朝もヘルシーなメニューで、バイキング形式のような食べ過ぎの心配が無くて良い。

旅館菊水荘 今朝もヘルシーなメニューの朝食
旅館菊水荘
           今朝もヘルシーなメニューの朝食

 9:00にマイクロバスでゲレンデまで送ってもらった。

 最初ロープウェイに乗った時は、風が強くゴンドラが揺れるので、6人乗りにして運行していたが、その後風も収まり、快適なスキー日和になった。

 今朝の天気予報では、曇りのち雪だったので、あまり期待していなかったが、予想外の好天に恵まれた。

 気温も、9:30頃の白根火山ロープウェイの山頂駅でマイナス2.7度だったが、どんどん上がっていった。

本白根山の頂上からの眺め1 本白根山の頂上からの眺め2 本白根山の頂上からの眺め3
本白根山の頂上からの眺め


 昼食は、天狗山メイン・レストランで宣伝していた、濃厚とんこつ&細麺の「博多郎らぅめん」(900円)を食べてみた。

 味はまずまずだったが、レジが混んでいて、麺が伸び気味だったのが残念だった。

「博多郎らぅめん」
「博多郎らぅめん」


 寒からず暑からずのコンディションに恵まれ、リフトやゴンドラを使って、せっせと滑ったが、白根火山ロープウェイ山頂駅から、最高地点の本白根山2171mに至るリフト乗り場までが上り坂なのはいただけなかった。

快適な清水沢コース 青空・無風のスキー日和
快適な清水沢コース
       青空・無風のスキー日和

 15:30に迎えに来てもらって、宿に着いて早速温泉に浸かって疲れを癒した。

 夕食は、カキフライやうどん鍋が中心だった。

カキフライやうどん鍋の夕食
カキフライやうどん鍋の夕食



 

3度目のトラブル:草津国際スキー場初日

  • 2011/02/16(水) 21:02:35

2月16日(水)快晴

 今シーズン2度目のスキーに、友人と二人で草津国際スキー場へ行くことになった。

 ビッグホリデーの「新幹線で行く 草津温泉!」という2泊3日のスキー・ツアーを利用することにした。

 昨日の現地予報では、今日が晴れで最低マイナス10度/最高0度、明日17日が曇りでマイナス5度/2度、明後日18日が曇りのち雨でマイナス7度/0度と、前回の北海道に比べるとかなり暖かいようだ。

 今回は、スキーの板を宅急便で往復使うことにした。

 往復で2540円なので、スキー板を担いで歩く労力を考えると、実に安いもんだと思う。

 実は、出発直前の昨日の夕方になって、とんでもないハプニングが発生した。

 ツアー会社から郵送されていたクーポン類の中に、JRの切符が入ってなかったのである。

 一連のクーポン類が入っていたので安心していたのだが、友人からの待合わせの確認メールで、切符を確認しようとして、郵送されてきた袋の中に入ってないことに気が付いた。

 また、ビッグホリデーにやられたと思った。

 実に、これで3度目である。

 最初は、2009年2月の北海道スキーの時で、羽田空港の保安検査場へ行って初めて、飛行機からホテル、レンタル・スキー、スキーバスなど、全ての予約が勝手にキャンセルされていた。

 2度目は、2010年1月の北海道スキーの時で、郵送されてきた旅行クーポンの中に、他人のクーポンが紛れ込んでいた。

 そして、今度が3度目である。

 これだけトラブルが続くと、旅行会社としての信頼性はまったく無いと言わざるを得ない。

 とにかく、夜8時前に、JRの切符を自宅に届けてもらったので事無きを得たが、友人からのメールが無かったら、東京駅でドタバタするところだった。

 NHKの朝ドラ「てっぱん」を見てから我が家を出発した。

 気温は、既に3度あった。

 バスで新宿に出て、中央線快速に乗ろうとしたら、車両点検のため運転を見合わせていた。

 山手線にしようか迷っている内に、10分遅れで発車してくれた。

 9:30待合わせの東京駅・新幹線改札口に15分前に到着した。

 予定通り、長野新幹線「あさま513号」は、9:52に出発した。

 10:55に軽井沢に到着した。

 昨日の雪で、雪景色が眩しかった。

 草軽交通の「急行草津温泉」が11:10に出発した。

 乗客は、我々を含めて僅かに6人だけだった。

 旧軽井沢、白糸の滝、嶺の茶屋、浅間ハイランドパーク、浅間牧場、北軽井沢などを経由して、12:30に草津温泉バスターミナルに到着した。

旧軽井沢を行く 真っ白な浅間山を望む
旧軽井沢を行く
         真っ白な浅間山を望む

 宿の「旅館菊水荘」には歩いて1分と聞いていたので、ビッグホリデーから送られてきた地図を頼りに歩き始めたが分からず、電話して迎えに来てもらった。

 早速準備して、ゲレンデまでマイクロバスで送ってもらった。

見晴しの良いゲレンデ1 見晴しの良いゲレンデ2 見晴しの良いゲレンデ3
見晴しの良いゲレンデ


 リフトを乗り継ぎ、白根火山ロープウェイでロープウェイ山頂駅まで行ったところで昼食にした。

白根火山ロープウェイから1 白根火山ロープウェイから2
白根火山ロープウェイからの眺め


 2時間ほど滑って、KFCでコーヒーブレークしてから、迎えに来てもらった。

 快晴・無風の素晴らしい天気に恵まれたが、何しろロープウェイ山頂ですら気温が3度もあったほどで、暑くて汗ばむ位だった。

 早速、宿の温泉で疲れを癒した。

 流石、日本3大名湯と言われるだけのことはあって、実に気持が良い。

 18:00頃から部屋で夕食をいただいた。

 豚肉の豆乳鍋はとても美味しかったし、全体にヘルシーな感じでなかなか良かった。

豚肉の豆乳鍋を中心とした夕食
豚肉の豆乳鍋を中心とした夕食


 腹ごなしに歩いて湯畑まで行ってきた。

 ライトアップされていて、とても綺麗だった。

ライトアップされた湯畑 ライトアップされた湯畑2 ライトアップされた湯畑3
ライトアップされた湯畑


湯畑1 湯畑2
湯畑


名物ゆもみとおどりの店 湯畑の湯の花生産場
名物ゆもみとおどりの店
     湯畑の湯の花生産場

「草津に歩みし百人」の碑 湯畑の源泉の流れ落ちる所 湯畑の横にある足湯
「草津に歩みし百人」の碑
    湯畑の源泉の流れ落ちる所    湯畑の横にある足湯

草加健康センター

  • 2011/02/12(土) 22:15:52

2月12日(土)小雨

 先週発注しておいたパソコンが届いたという連絡を受けていたので、その設置のために、竹ノ塚の妹の家に息子と二人で行ってきた。

 昨日までの雪で、行かれるかどうか判らなかったが、結局予報は外れて、朝から小雨がぱらつく程度だった。

 パソコンを組立て、モデムに接続し、インターネット接続を完了し、メール設定をしたところで、11:00になった。

 今日は、先週から話題になっていた、草加の「湯の泉 草加健康センター」へ皆で行ってみることになった。

 車で6〜7kmのところにある。

 大駐車場が完備した、かなり大規模な施設だった。

 入館料は、通常は2000円(60歳以上は1600円)のところ、土曜日限定割ということで、10〜12時に入館すると1200円だという。

 浴衣やバスタオルなどの入った入浴セットを受取って入館した。

 悪天候の3連休の中日だったせいか、既に館内はかなり混んでいた。

 ここの「売り」は、薬湯と草津温泉らしい。

 「薬湯」は、8種類の漢方薬草を使用していて、いかにも薬効がありそうだった。

 「草津温泉」は、本場草津温泉の湯畑から源泉を直送しているということで、露天風呂になっている。

 内湯には、「炭酸風呂」をはじめ、「バイブラ」、「スーパージェット」、「超音波」、「麦飯石サウナ」などがあって結構変化に富んだ入浴を楽しむことができた。

 女湯には「漢方ミストサウナ」があるようだ。

 2階には、「岩盤浴」もあるようだが、今回は利用しなかった。

 レストランで昼食を摂ったが、豊富なメニューで、味・量ともまずまずで、価格もむしろ安く感じた。

 すっかり満足して、15:00頃帰ってきてから、再びパソコンの設定を開始した。

 必要なソフトをインストールし、以前のパソコンからファイルを新しいパソコンに入れ直し、「お気に入り」(旅行、ショッピング、娯楽など)の設定をしておいた。

川口の「やまとの湯」

  • 2011/02/05(土) 22:23:43

2月5日(土)晴れ

 寒さが一際厳しい今年の冬だが、今日は3月の陽気になるというので、スクーターで竹ノ塚の妹の家に行ってきた。

 パソコンの手助けが主な訪問目的だったが、昨年出来たらしい天然温泉「やまとの湯」に行ってみることになった。

 車で15〜20分位の川口市にあった。

川口やまとの湯「BALI  SPA」 中庭
川口やまとの湯「BALI SPA」
  中庭

 敷地が広くて、全体にゆったりした作りになっていた。

 源泉は、地下1300mから汲み上げていて、38.6度で、泉質はナトリウム塩化物泉で、とても良く温まる。

 露天には、源泉かけ流しの浴槽や、やや熱めの浴槽、つぼ湯、寝ころび湯などがある。

 室内には、大型浴槽の他、座マッサージ、シェイプアップバス、サンクブローバス、スーパージェットバス、備長炭水風呂、タワーサウナ、蒸し風呂など、変化に富んでいる。

湯上りに一休み
湯上りに一休み


 夕食もご馳走になって、結構暖かい夜の環七をスクーターで帰ってきた。

1月の運動量

  • 2011/02/01(火) 16:23:10

2月1日(火)快晴

 先月の運動量を、いつものように消費カロリー換算で集計してみた。

 先月は、スポーツクラブに18日通い、消費カロリーは前年同月より2,652キロカロリー多く、18,486キロカロリーだった。

 内訳は、以下のようになっている。

 ジム     17% 
 スタジオ   29% 
 プール    28%
 その他    26%

 1月のスタジオでは、健美操、ヨガ、気孔、ピラティス、エアロビクスなどだった。

 プールでは、アクアコンディショニング、アクアビクス、アクアヌードル、アクアウォークなどだった。

 その他としては、ほとんどがスキーによるものだった。