家族日誌

  • 2010/12/31(金) 20:50:58

12月31日(金)快晴

 今年も、「家族日誌」を記録する日がやってきた。

 結婚以来、毎年の年末にその年の出来事を月別に記録しており、1971年から始めたので、もう40年も続けてきたことになる。

 子供達が同居していた頃は、「家族反省会」ということで、各自がその年の印象に残った出来事を書き出して、私が「家族日誌」に清書した。

 1986年から「その年の我が家のハイライト」を付記するようになり、1991年からは「世間の重大ニュース」も付記するようになった。

 世間の重大ニュースは、30日の朝刊の記事からピックアップしてきたが、昨年からインターネットで検索することにした。

 この「家族日誌」の効用は、
?一年を総括する良い機会になると同時に、
?時折取り出して見ることにより、当時の情景を鮮明に思い出すことができる。

 読み返してみると、「こんなことがあったんだ」と驚くこともしばしばある。

 いつも感じることだが、人間の記憶がいかに曖昧なものかを思い知らされる。

 今年も、北海道キロロ・リゾートや万座温泉、車山高原などにスキーに行くことができ、奥只見、佐渡、上州、寸又峡などへの家族旅行を楽しんだ。

 ゴールデンウィークや夏休みには、親戚や家族が塩嶺高原の山荘に集まって、親交を深めることもできた。

 その点、健康のお陰だと思って、感謝している。

 1年を通じて、
バイク・ツーリングは、6回述べ18日間
ゴルフは、23ラウンド
山荘暮らしは、45日間
スポーツクラブには、215回通って、体力の維持に努めた。

 さらに、ブログには合計185編の記事を投稿し、孫とは213日間相手をすることもできた。

 来年も、健康・体力を維持して、こうした活動を続けたいものである。

こだわりの自家製漬物

  • 2010/12/30(木) 22:05:24

12月30日(木)曇り時々晴れ

 今年も昨年同様、白菜の漬物をいただきに狭山の妹の家に行ってきた。

 この漬物は、妹のご主人が、ご近所の特別な白菜を分けていただいて、青森のニンニクや昆布、塩、自家製の唐辛子などで漬け込んだもので、この味が忘れられなくなって、毎年暮にいただきに来ることになった。

 9時半に我が家を出発し、順調に青梅街道、所沢街道を抜けて、1時間半で到着するかと思ったら、思わぬ落とし穴が待っていた。

 西武新宿線と所沢街道が交差する辺りで、大渋滞に遭い、30分もロスしたため、2時間も掛かる羽目になった。

 豪華なランチで、賑やかに忘年会をしてから、狭山の温泉「やまとの湯」へ向かった。

 もちろん、早速白菜の漬物をご馳走になったが、今年の出来は、これまで以上に素晴らしく、正に絶品であった。

 帰りは、順調に走れたので、1時間10分で帰宅することができた。


本場韓国アカスリ

  • 2010/12/30(木) 21:54:16

12月30日(火)曇り時々晴れ

 ここ数年、年末に妹のご主人と一緒に「本場韓国アカスリ」をやってもらうことになっていて、今年も狭山の「やまとの湯」へ向かった。

 今年は、18日〜31日限定の「年の瀬特別企画」で、入浴とセットで3,300円とお得な料金設定になっていた。

 風呂場は結構混んでいたが、アカスリの方はガラ空きだった。

 ここにも不況の影響があるのか・・・

 すっかり1年の垢が取れた感じで、気持ち良く新年を迎える気分になった。



40年ぶりの銭湯

  • 2010/12/29(水) 18:18:35

12月29日(水)晴れ

 40年ぶりに銭湯に行ってきた。

 結婚以来、家に内湯があったし、この十数年はスポーツクラブのお風呂にお世話になってきたので、とんと近状の銭湯には縁がなかった。

 今回、この近所に銭湯に行ってみる気になったのは、この2,3日風邪気味でスポーツクラブを休んでいたのと、今日はスポーツクラブの休館日だからであった。

 近所の銭湯は、昔ながらの銭湯だが、サウナとか、マッサージの浴槽が備わっていた。

 87歳になるというご近所のご隠居さんに話し掛けられ、遠い昔の小学生時代に通った銭湯の雰囲気を思い出していた。

VHSからDVDへ

  • 2010/12/25(土) 12:08:51

12月25日(土)快晴

 先日、8mmテープをPC用のDVDに変換している時、VHSもDVDに変換しておかなければと思った。

 今や、我が家でもVHSのデッキはいつの間にか無くなっていて、再生しようと思っても出来ない状態にある。

 VHSもいずれ8mmテープと同じ運命を辿るに違いないと思い、DVDへ変換しておこうと決意した。

 さて、どのような方法でVHS⇒DVDを行おうか、インターネットで調べた結果、「USB接続のビデオキャプチャー」なる便利な道具があることを知った。

 数年前には無かったような気がする。

 ビデオテープや8mmテープをDVDやハードディスクに保存することがでる。

 こんな優れもののツールが、わずか数千円で手に入るのだから、便利な世の中になったものである。

 ただ、VHSを再生しながらの作業になるので、どうしても時間が掛かる。

8mmテープのPC用DVDへの変換

  • 2010/12/22(水) 21:52:19

12月22日(水)晴れ

 3年前に、8mmテープからデジタル・ビデオカメラを経由して、DVDに変換しておいたのを取り出してみたが、PC用のDVDを作成しておくのを忘れていた。

 そこで、ミニDVに収録されているのを再生しながらパソコンに取り込んで、DVDを作成しようとした。

 ところが、デジタル・ビデオ・カメラの付属品が行方不明で、はたと困ってしまった。

 とりあえず、再生しながらSDカードに書いてからPCに取り込めるようなので、試してみたが、画像がボケてしまった。

 所詮、静止画の記録が主な用途らしいので無理なのだろう。

 デジタル・ビデオ。カメラのオンライン・マニュアルを見てみると、インターフェースカード(IEEE1394)を購入すれば、ビデオカメラのDV端子とDVケーブルで接続すれば出来そうだった。

 早速、インターフェースカードを取り寄せ(約4千円)、パソコンのハードディスクに取り込み、それを編集ソフトで編集し、DVDに書き出した。

 折角なので、DVDのラベル印刷をしておいた。

古い写真アルバムの恒久化

  • 2010/12/19(日) 10:29:31

12月19日(日)晴れ

 物置を整理していたら、古い写真アルバムの山を見つけた。

 普段、手にとって見ないので、数十年も経っているものは、かなり経年劣化していた。

 そこで、何とかしないと、8ミリテープのような運命を辿ってしまうと思い、とりあえず今出来ることで対処することにした。

 先ずは、一枚ずつデジカメで撮って、パソコンに取り込み、DVDにフォト・ライブラリーを作ることにした。

 かなりの枚数になるので、当分時間が掛かると思うが、ボチボチやってみようと思う。

エアコンの交換

  • 2010/12/18(土) 22:40:59

12月18日(土)晴れ

 先月8日に発注したエアコンの取換え工事が今日行われた。

 我が家では最後まで残ったエアコンで、まだ動いているが、12月からエコポイントが半減するということと、もう20年以上稼動しているので、交換は時間の問題ということもあって、交換することになった。

 先月、インターネットでエコポイントの申請をしておいたので、今日、申請用紙に、レシート原本や保証書のコピー、家電リサイクル券排出者控えのコピーなどを貼り付けて郵送しておいた。

 エアコンの工事会社は、エコポイント変更の滑り込み需要のため、連日大忙しだそうである。

バイクの車検

  • 2010/12/14(火) 17:44:32

12月14日(火)曇り時々小雨

 先週の月曜日に車検に出していたバイクを今日、引取りに行ってきた。

 これまで、バイクの車検は、自分で車検場へ持ち込んで、ユーザー車検を受けてきたが、去年購入したバイクに整備手帳が付いてなくて、陸運事務所まで買いに行くのが面倒だったのと、加齢とともに整備を自分でするのがシンドクなってきたため、今回は購入したバイク・ショップに車検整備をお願いし、車検証の更新をしてもらうことにした。

 車検関連の基本費用(40500円)の他は、
・車検整備          25200円
・ブレーキフルード交換     1050円
・ライトテスター        3150円
・エンジンオイル交換      4200円
・ライセンスライト・バルブ交換  189円
・フロントブレーキ・パッド交換 3150円
などで、36939円、それに消費税2759円を加えて、総額77439円だった。

 オイル交換は、通常だと6300円位するところを、車検整備のキャンペーン価格としてかなり安くしてもらった。

 また、フロントブレーキ・パッドは、8分山の中古を利用してくれたので、かなり安く上げることができた。

 こうして、かなり良心的にやっていただいたので、大いに満足することができた。

 次回の車検の祭は、チェーンとスプロケットの交換が必要になりそうだ。

年賀状

  • 2010/12/11(土) 19:27:41

12月11日(土)晴れ

 今日は、スポーツクラブも休んで、1日中年賀状作りに終始した。

 年々喪中葉書の数が増えているような気がする。

 昨年から、メール・アドレスをお持ちの方には電子年賀状に切り替えさせていただいたので、その分年賀葉書の枚数が減った。

 先ずは、パソコン上の宛先リストに喪中情報やアドレス変更の処理をし、年賀状の文面を、会社用、自分の個人用、家内用、親戚用などを夫々作成した。

 年賀葉書の印刷をしながら、別のパソコンで電子年賀状の作成をして来年の正月に届くように予約しておいた。