阿武隈高原ツーリング2日目

  • 2010/06/27(日) 22:52:05

6月27日(日)曇り

 5:30に起きて、早速温泉に入りに行ったら、既に仲間の一人が入っていた。

 彼は、4時に起きて、もう1時間半も入っているという。

 外は雨音がしていて、気合が入らない。

雨粒が出来て
雨粒が出来て


 昨日の天気予報では、今日は曇りの筈だったが、1日雨に変わっているではないか。

 ところが、8:00から朝食を摂っている間に雨は上がっていた

 朝食は、ししゃもが美味しかった。

朝食
朝食


 旅館の若女将の故郷から送られてきたという御庄柑(みしょうかん)を5個お土産にした。

宇和島産の御庄柑
宇和島産の御庄柑


 宿の前で記念写真を撮って、9:00に宿を出発した。

 気温20度と涼しい位である。

 いつ雨が降り出すか分からないので、最短距離でトットと帰ることにした。

 10:05に道の駅「さとみ」で小休止した。

 依然として雨には降られていない。

 10:20に道の駅を出発し、R349をひた走り、日立から常磐道に入り、11:15に友部SAで小休止した。

 依然として雨になってなかったが、いつ降り出すか分からなかったので、ここで流れ解散として、11:30帰路に着いた。

 とうとう雨に降られずに、12:45に無事帰宅することができた。

 今回は、梅雨時にも拘らず結局雨にはふられず、旅館は落ち着いた湯治場らしい雰囲気で良かったし、もちろん温泉も気に入ったし、R349は空いていて快適な走りを楽しむことができた。

本日の走行:203km(2日間合計:530km)


藤田東湖ゆかりの宿:阿武隈高原ツーリング初日

  • 2010/06/26(土) 22:50:31

6月26日(土)曇り

 4月の赤城山ツーリングが雪のため中止になったので、3ヶ月半ぶりになったツーリングは、阿武隈高原を走ることになった。

 上はTシャツの上にメッシュのライディング・スーツ、下はジーパンで、8:00に我が家を出発した。

 近所のガソリンスタンドで満タンにして、ナビとドライブ・レコーダーをセットして、中野長者橋ICから首都高速・中央環状線に入った。

 曇り空で、気温27度、走っていると気持ちが良い。

 8:55に待ち合せの常磐道・守谷SAに到着した。

 今回参加予定だった仲間の一人が、昨夜、娘さんが緊急入院したため来られなくなったが、他のメンバー5人は全員到着していた。

 10:00に出発の予定だったが、全員揃ったので、9:15に出発することになった。

 約120km走って、10:40に中郷SAで小休止した。

 11:10に再び出発したが、次第に気温が上がって、一時は33度まで上がったが、走っているとそれほど暑くは感じなかった。

 いわきJCTで磐越道に入り、小野ICで下りて、R349をしばらく走り、最初に目に付いたラーメン店に12:30に入った。

 お腹が空いていたせいか、スタミナ・ラーメン(850円)を注文したが、これは大失敗!

スタミナ・ラーメン
スタミナ・ラーメン


 麺が2玉の上にヒレカツが4枚乗っており、とても食べ切れる量ではなかった。

 その上、味が今一で、麺が伸びきっていた。

 でも、店のおやじは気が良さそうで、2リットルのウーロン茶をサービスにだしてくれたり、何故か全員に軍手をくれたりした。

 やはり、いくらお腹が空いていても、お昼時に客が一人も入ってない店に入ってはいけないということか。

 13:40にラーメン店を後にして、小1時間走り、14:35に道の駅「おふくろの駅」で小休止した。

 現地産のにんにくが3個400円で売られていたので、買っておいた。

 14:55に道の駅を出発して、15:45、今夜の宿・湯岐温泉(ゆじまた)「和泉屋旅館」に到着した。

 有名な画家・藤田東湖ゆかりの宿だそうである。

和泉屋旅館
和泉屋旅館


 夕食までかなり時間があったので、温泉を楽しむことにした。

 全て内湯で、無色無臭の肌にツルツルした良い湯である。

 37度と39度位の源泉を中心とした混浴の大浴場(鹿の湯)と、男女別になった41度位の浴室がある。

 いずれも源泉掛け流しで、湯治客は長時間お湯に浸かるそうである。

 18:00から別室に用意してくれた夕食をいただいた。

夕食会場 夕食
夕食会場
            夕食のお膳

 寝る前にもう一度温泉に入ってきた。

本日の走行:  327km
宿泊費:  6,450円

梅雨時の市原ゴルフクラブ

  • 2010/06/23(水) 22:53:31

6月23日(水)曇り時々雨

 梅雨入りの最中、ゴルフ仲間との恒例の月一ゴルフを市原ゴルフクラブ・市原コースで行うことになった。

 前日まで曇りの予報だったが、今朝5:30に現地の予報をチェックしたら、何と全日雨に変わっていた。

 しかも、9:00〜12:00は、毎時10ミリの大雨で6〜7mの風ときて愕然とした。

 直ぐに中止の連絡をしようと思ったが、既に友人の一人は家を出発しているので、とりあえずゴルフ場へ向かうことにした。

 6:10に井の頭線・新代田駅で友人をピックアップして、幡ヶ谷ICから首都高に入った。

 幸い、時折小雨が降る程度で、順調に走り、7:40にゴルフ場に到着した。

 天気予報に反して、8:30のスタート時には雨が止んでいたので、2組でラウンドを開始した。

 結局、午前中は雨に降られず、午後も最後の3ホールで本格的な雨になった程度だった。

 天気予報を当てにせずにラウンドして正解だった。

 今夜は、知人のお通夜に参列する予定だったので、お風呂に入って直ぐに14:50に帰路に着いた。

 ところが、魔法瓶を忘れて取りに返って、15:10にゴルフ場を後にした。

 結局、魔法瓶は見つからず、残念なことをした。

 凄まじい雨足は、高速に入る前に収まって、順調に走ることができたが、事故渋滞のため赤坂辺りからバッタリ流れが止まってしまった。

 お通夜に間に合わないかとヤキモキしたが、17:20に明大前まで友人を送り、17:35に我が家に到着して、何とかお通夜に間に合うことができた。

小学校以来のハーモニカ

  • 2010/06/22(火) 11:30:45

6月22日(火)曇り

 このたび、小学校以来手にしたことのなかったハーモニカを入手した。

懐かしいハーモニカを入手懐かしいハーモニカを入手

 実に55年ぶりのことである。

 もう昔のようには吹けないだろうと思いつつ、手にしてみたら、何とか思い出してきた。

 「南国土佐を後にして」、「さくら」、「荒城の月」などなど、半世紀以上経っても忘れていなかったことに暫し感動した。

 孫のヒロくんに吹いてみせたところ、ハーモニカを初めて見たらしく、面白がって吹いていた。

 最近の小学校では、音楽の授業にハーモニカは使わないのだろうか。

弥彦神社:奥只見ツアー2日目

  • 2010/06/17(木) 22:17:22

6月17日(木)晴れ

 5:00前に起きて、温泉に行ってきた。

 今朝は朝陽が輝いて、眩しい位だ。

 7:30からバイキング形式の朝食をしっかり食べてきた。

好天に恵まれた朝の中里ゲレンデ 朝食 朝食時のデザート
好天に恵まれた朝の中里ゲレンデ  朝食              朝食時のデザート

 8:30にホテルを出発した。

 昨日は前から3列目の席だったので、今日は後ろから3列目になった。

 8:40には湯沢ICから関越道を長岡方面に向かった。

 八海山や、その手前にある坂戸山がよく見えた。

 坂戸山には、直江兼続の父親が家臣だった頃の長尾家の居城があったそうである。

 高速道からは「雪国まいたけ」の工場なども見ることが出来た。

信濃川の向こうに弥彦山を望む
信濃川の向こうに弥彦山を望む

 長岡JCTから北陸道に入り、9:50に三条燕ICを降り、通称「洋食器街道」と呼ばれる通りを抜けて行った。

 昔から三条も燕も刃物や洋食器で有名なので、街灯には「つばめ」やスプーン、ナイフなどを模した飾りが付いていた。

 日本第3位の大きさだという大鳥居をくぐり、いよいよ弥彦に入った。

 先ず、10:15に弥彦公園に到着し、観月橋もみじ谷への散策を楽しんだ。

弥彦公園の案内図 観月橋
弥彦公園の案内図        観月橋

 照りつける日差しがかなり強烈な中、木陰を選んで歩いた。

 もみじ谷のもみじは見事で、さぞや紅葉シーズンには鮮やかな彩りを見せてくれるだろうと思われた。

緑濃い弥彦公園 もみじ谷 神社風の弥彦駅
緑濃い弥彦公園         もみじ谷        神社風の弥彦駅

 10:45に弥彦公園を出発し、ほんの5分で弥彦神社に到着した。

一の鳥居 弥彦神社の参道 二の鳥居
一の鳥居          弥彦神社の参道         二の鳥居

 一の鳥居の所で全員の記念写真を撮り、二の鳥居随神門を抜けて拝殿を訪れた。

 境内は、予想以上に広大で、風格を感じさせる落着きがあった。

見事な苔 随神門 弥彦神社の拝殿
見事な苔            随神門             弥彦神社の拝殿

 拝殿からは、万葉集とその草花が植えられている「万葉の道」をロープウェイ山麓駅まで歩いて行った。

万葉の道 万葉の道の和歌と草花
万葉の道            万葉の道の和歌と草花

 11:40にロープウェイ乗り場で再集合し、2組に分かれてロープウェイに乗った。

弥彦山ロープウェイ山麓駅 33人乗りのロープウェイ
弥彦山ロープウェイ山麓駅    33人乗りのロープウェイ

 天気が良いので素晴らしい眺望を楽しむことができた。

 こんな天気の良い日は、ロープウェイに乗り甲斐があるというもんだ。

 12:00に展望食堂でオプションの輪っぱ飯の昼食になった。

 ところが、これが大失敗!

 1260円のところが1000円になるという誘いに負けたのがいけなかった。

 味がまったく無く、カニ汁は3倍位薄めたのかと思われるほどで、当然味噌味はしない。

 後で、参加者の多くの人が”まずかった”と言っていたので、私だけではなかったんだと納得した。

 やはり、団体食に美味しさを期待してはいけないのか。

約40km先の佐渡島がくっきり 見かけは美味しそうだが 後でアイスクリームが出ると言われたが
約40km先の佐渡島がくっきり  見かけは美味しそうだが    後でアイスクリームが出ると言われたが

 朝9時半頃から見えていたという佐渡島が、40kmも離れているとは思えないほど良く見ることができた。

 添乗員やガイドさんも、我々の幸運を喜んでくれた。

 佐渡や越後平野の眺望を十分楽しんで、斜度50度というクライミングカーに乗って、弥彦山スカイライン山頂駐車場へ降りた。

展望台から望む佐渡島 越後平野も一望の下に 斜度50度のクライミングカー
展望台から望む佐渡島      越後平野も一望の下に      斜度50度のクライミングカー

 展望食堂の案内人が、出発を13:20まで引き伸ばしたため、30分位を手持ち無沙汰に過ごしたのは不満だった。

 少しでも長く滞在させて、商売につなげたい気持ちは分からないではないが、やはりツアー参加者の都合を優先させるべきだろう。

 それでも、出発時刻の10分も前に全員が揃ったので、13:10に出発することができた。

 13.5kmの弥彦山スカイラインを下りて、13:40に寺泊に到着した。

寺泊の魚市場
寺泊の魚市場

 海産物のショッピングを楽しんで、14:25に出発し、15:05には北陸道・中之島見附ICに入り、長岡JCTで関越道に入った。

 16:00に塩沢石打ICを降りて、越後物産館「魚野の里」に立ち寄った。

 30分ほどのショッピングを楽しんで、16:45に上越新幹線・越後湯沢駅に到着した。

 18:10発のMaxたにがわなので、十分時間的な余裕があった。

 帰路は、大宮駅で下車し、湘南新宿ラインで新宿に出て、20:30に無事帰宅した。

 今回のツアーは、雨の予報にもかかわらず梅雨の中休みに当たり、全員が旅なれたツアー参加者だったらしく、一人もマナー違反者がいなくて、スムーズな旅になった。

 奥只見湖やばら園、弥彦神社などは、予想以上に素晴らしく、まったく期待してなかった佐渡の眺望が実現して、大いに満足したツアーだった。

ツアー料金:2万円、万歩計:16日=7600歩、17日=8200歩


奥只見湖遊覧船:奥只見ツアー初日

  • 2010/06/16(水) 22:12:30

6月16日(水)曇り時々小雨のち晴れ

 妹夫婦と4人で、JTB旅物語の「奥只見湖遊覧船と弥彦・寺泊・花咲く越後2日間」というツアーに参加することになった。

 今日の見所は、奥只見湖遊覧船と国営越後丘陵公園のばら園である。

 生憎、天気予報では1日雨模様である。

 ところが、6:50に我が家を出発する頃には、先程まで降っていた雨は止んでいた。

 雨模様の中を出発したせいか、サングラスと水筒をすっかり忘れてきてしまった。

 バスで新宿駅に出て、山手線で上野駅まで行き、弁当を買って、8:10発の上越新幹線Maxたにがわ403号に乗った。

 東京駅発の上越新幹線に途中の上野駅で乗車するには、入場券を自費で買う必要があると聞いていたので、新幹線の改札口のところにある券売機で入場券を買おうとして不愉快な思いをさせられてしまった。

 PASMOで新宿駅から上野駅に来たので、PASMOのカードを入れて上野駅までの精算をした上で入場券を現金かPASMOで精算するものとばかり思っていたが、山手線の料金まで現金で払わされた。

 まったく券売機は利用者の立場になって設計されていないことに驚いた。

 とにかく8:10定刻通り出発し、大宮で妹夫婦が乗り込んで、9:34に越後湯沢駅に到着した。

予報に反して青空が見えてきた
予報に反して青空が見えてきた

 参加者は総勢44名で、その内男性は何と10名しかいなかった。

 9:45に越後交通のガイド付きの観光バスで出発した。

お世話になった越後交通のバス
お世話になった越後交通のバス

 9:50には湯沢ICから高速道路に入った。

 気温は22度と快適だった。

 コシヒカリの主生産地の南魚沼の田園地帯を抜けて、10:13には小出ICを降りて、道の駅「ゆのたに」でトイレ休憩になった。

 試食品が豊富に用意されていて、感じが良かった。

 その中で、「やま柿」が美味しかったので、お土産に買っておいた。

 10:40に道の駅を出発して、尾瀬に向かう「奥只見シルバーライン」に入った。

 何と、22kmのうち18kmがトンネルというとんでもない道路だった。

 当初は奥只見ダム建設のために作られたのを観光用に転用したそうだ。

 11:15に銀山平の乗船場に到着した。

 標高750mの湖面を、19世紀のアメリカ・ミシシッピー河を運行していた外輪船をモデルに作られたという「ファンタジア号」で40分間の船旅を楽しんだ。

 150トンで定員300名の船は安定感がある。

奥只見湖展望台船着場 奥只見湖観光案内図 外輪船ファンタジア
奥只見湖展望台船着場      奥只見湖観光案内図       外輪船ファンタジア

40分間の湖上遊覧 外輪船のダイナミックな羽根 ファンタジアの船内
40分間の湖上遊覧       外輪船のダイナミックな羽根   ファンタジアの船内

 日本最大級の人造湖をよくもこんな所に作ったものだと思う。

 正に秘境と呼ぶに相応しい雰囲気があった。

 ラッキーなことに、雨はほとんど上がり、周りの景色を良く見ることができた。

 奥只見が尾瀬と隣り合わせにあるとは知らなかった。

 12:40にダム展望台船着場に到着した。

まだ雪が残る雪渓 大規模な奥只見ダム
まだ雪が残る雪渓        大規模な奥只見ダム

 ここで昼食休憩になり、13:50に小雨模様の中出発し、再び「奥只見シルバーライン」を通り、14:40に小出ICを入り、新潟方面に向かった。

 小千谷市に入ると雨は上がり、青空も見えるようになった。

 15:05に長岡ICを降り、15:15に今日2つ目の目的地である国営越後丘陵公園に到着した。

 ここは、国内で13番目の国営公園だそうで、400ヘクタールもの広大な敷地で、まだ半分しか完成しておらず、開園2年目だという。

 今回は、5月29日から開催されている「香りのばらまつり」が狙い目で、丁度見頃を迎えているということだった。

 雨上がりの水滴に輝くバラが532種、2万2千株あるそうで、その量と香りに圧倒された。

 大規模なばら園は、千葉県の八千代台にある「京成ばら園」には何度か訪れたことはあるが、それ以来である。

 つい夢中になって、見事なばらの写真を撮りまくった。

コンスタンス・スプライ ザ・マッカートニー・ローズ カロリーヌ・ドゥ・モナコ
コンスタンス・スプライ     ザ・マッカートニー・ローズ   カロリーヌ・ドゥ・モナコ

ニコロ・バガニーニ フリージア ホワイト・クリスマス
ニコロ・バガニーニ       フリージア           ホワイト・クリスマス

 以下は、殿堂入りしたバラを撮ったので、とくとご覧あれ!

ピース クィーン・エリザベス フレグラント・クラウド
ピース             クィーン・エリザベス      フレグラント・クラウド

アイスバーグ ダブル・ディライト パパ・メイアン
アイスバーグ          ダブル・ディライト       パパ・メイアン

パスカリ ジャスト・ジョイ ニュードーン
パスカリ            ジャスト・ジョイ        ニュードーン

 16:30に越後丘陵公園を後にして、16:45に長岡ICを入り、一路宿に向かった。

 バスの中で、コーヒーまたはほうじ茶のサービスがあった。

 添乗員さんの他にバスガイドさんが付いた上に、このようなサービスを受けたということで、激安なパックツアーとは思えなかった。

 17:35に湯沢ICを降り、石川遼の冬季合宿所の「りすの家」の看板を横目に、17:43に今夜の宿の越後中里温泉「エンゼルグランディア越後中里」に到着した。

 このホテルは、越後中里スキー場の前にある典型的なスキーリゾート・マンションの一角にあった。

エンゼルグランディア越後中里 ホテルの室内 ホテルの室内から中里スキー場を望む
エンゼルグランディア越後中里  ホテルの室内      ホテルの室内から中里スキー場を望む

 温泉は、無色透明の単純泉で、露天風呂やサウナ・水風呂もあり、清潔感のある設備は感じが良かった。

 18:30からバイキング形式の夕食になった。

 お寿司やずわい蟹・焼きたてビーフステーキなどが食べ放題だった。

食べ放題の夕食 夕食時のデザート
食べ放題の夕食         夕食時のデザート

 それにしても今日は、てっきり1日雨を覚悟していたのに、ほとんど傘のお世話にならず、むしろ要所要所で雨が止み、観光を楽しむことができた。

 

テレビの故障

  • 2010/06/11(金) 20:45:09

6月11日(金)曇り

 昨年10月に購入して、まだ8ヶ月しかたってないテレビが故障した。

 シャープのAQUOS40型のブルーレイディスク内臓の液晶テレビである。

 録画を愛用している家内が故障に気付いて、9日にメーカーの「お客様相談センター」に電話したところ、早速翌10日に修理に来てくれた。

 ところが、部品を3点ほど交換しても直らなかったので、他の部品を確保してからということで、この日は引き上げて行った。

 昨夕、電話があり、新品と交換させてもらいたいという申し出があった。

 もちろん、こちらに異存はないのでOKの返事をしておいた。

 そして今朝、新品のテレビが届いたのである。

 たとえ保障期間内にあるとはいえ、その迅速丁寧な対応に感心してしまった。

 テレビなどそう簡単に故障するものではないと思って、1年の保障期間しか付けてなかったので失敗したかなと思ったが、交換した時から更に1年間の保障が付くという。

笠森観音:大学のクラス会2日目

  • 2010/06/09(水) 20:04:50

6月9日(水)曇り時々雨

 ひょっとして日の出が見られるかも知れないと思って、5:00に起きたが残念ながら期待外れに終わった。

残念ながら日のでは見られなかった
残念ながら日のでは見られなかった

 仕方なく、温泉ではないが早朝から入れるお風呂やサウナに入ってきた。

 7:30から、レストランでバイキング形式の朝食を摂った。

 なかなかメニューも豊富だし、美味しかったので、つい食べ過ぎてしまった。

 お土産は、地元の人の勧めで「青混ぜ海苔」を買ってみた。

 記念写真を撮り、9:00に宿を出発した。

 最初は、約5kmの所にある「菅原工芸硝子」へ見学に行った。

 大して期待はしていなかったので、その規模の大きさにビックリさせられた。

 工芸硝子と言えば、これまで家内工業のような小規模な工場しか見たことがなかったので、硝子職人が35名も働く大規模な工場は初めてだった。

菅原工芸硝子 <ルツボ
予想外に大規模な菅原工芸硝子  ルツボ

作品1 作品2 作品3
色鮮やかな工芸硝子が所狭しと展示されていた

 次に、31kmほど離れた所の「笠森観音」を訪れた。
http://kasamori.jp/

遍路姿が目立つ笠森観音 三本杉
遍路姿が目立つ笠森観音     笠森観音の参道にある三本杉

 この笠森観音の観音堂は、日本唯一の「四方懸造」(しほうかけづくり)という建築様式で、1908年国宝に、1950年国指定重要文化財になっているという。


 また、笠森寺は、坂東三十三観音札所の第三十一番札所となっているそうで、巡礼姿の人を多く見かけることができた。

重要文化財の笠森寺観音堂 観音堂の立派な木組み
重要文化財の笠森寺観音堂  観音堂の立派な木組み

 11:30頃、笠森観音を後にして、昼食のため約60km離れた「海ほたる」へ向かった。

 生憎の雨模様でアクアラインの景色はまったく見るべきものがなかった。

 13:00前に「海ほたる」に到着したが、駐車場は心配をよそにガラ空きだった。

 海鮮・うどん処の「木更津庵」で「まぐろ丼・うどんセット」(1480円)をいただいた。

 観光地なので期待してなかったが、意外に美味しかった。

海ほたる 「海ほたる」のまぐろ丼・うどんセット
海ほたる        「海ほたる」のまぐろ丼・うどんセット

 ここで流れ解散となり、13:40に「海ほたる」を出発し、川崎駅で友人達を降ろし、15:00過ぎに帰宅した。

パークゴルフ:大学のクラス会初日

  • 2010/06/07(月) 08:59:51

6月8日(火)曇り

 大学卒業後27回目になるクラス会が、千葉県で行われることになった。

 12:30に蘇我駅前に集合なので、11:00に我が家を出発した。

 曇り空で、今にも雨になりそうな天気だが、気温22度と快適である。

 首都高までは渋滞したが、後はほとんど渋滞が無かったので、12:05には到着してしまった。

 車組と電車組がほぼ予定通り集合し、車に分乗して千葉市緑区のエコパークゴルフ場へ向かった。
http://blue.zero.jp/poseidon2/parkgolf/ookido/ookido.html

 ゴミの埋立地の上に作られた広大な敷地に、36ホールのパークゴルフ場ができていた。

エコパークゴルフ場大木戸 36ホールの広大なパークゴルフ場 パークゴルフの道具
エコパークゴルフ場大木戸    36ホールの広大なパークゴルフ場  パークゴルフの道具

 1ラウンド楽しんで、今夜の宿「国民宿舎九十九里サンライズ」に向かった
http://www.sunrise99.jp/

 太平洋を眼前に立派な建物だが、温泉でないのが残念だった。

国民宿舎サンライズ九十九里
国民宿舎サンライズ九十九里

 ロビーには、平成15年にご来館された天皇・皇后両陛下のお写真が展示されていた。

天皇・皇后両陛下
天皇・皇后両陛下ご来館の写真

 一風呂浴びてから宴会場で宴会になったが、特別サービスでいわしの刺身の大皿が3枚出された他、食べ切れないほどの美味しい料理に満足した。

 ちなみに「浜椿コース」の献立は以下のようであった。

・食前酒  梅酒
・先付   うすい豆腐  山葵  いくら
・造り   鮪 間八 鯛 烏賊 甘海老 妻いろいろ 山葵
・焼肴   銀鱈味噌焼 昆布佃煮 帆立山椒焼 はじかみ
・強肴   海老芋フォアグラ包み べっ甲あん 山葵
・紙鍋   鰯つみれ鍋 水菜 ひろうす ワンタンつつみ 柚子 生麩
・陶板焼  相鴨 鶏 長葱 〆地 ピーマン ポン酢
・代鉢   南禅寺蒸し あん 海老吉野 湯葉
・油物   金目鯛煎りだし 笹葱
・酢物   蟹錦糸巻 くらげ 土佐酢 鰯レモン〆 胡瓜 茗荷
・食事   おにぎり
・お碗   なめこ汁 豆腐 三つ葉
・香の物  江戸菜漬 柚子大根
・水菓子  メロン パイン 西瓜 ケーキ

料理1 料理2 料理3


料理4 料理5 料理6


特別サービスのいわしの刺身
特別サービスのいわしの刺身

 全員の近況報告の後、さらにカラオケで盛り上がり、部屋に引き上げてから暫しお互いに積もる話に花が咲いた。

ベルビュー長尾ゴルフ合宿:2日目

  • 2010/06/04(金) 20:09:29

6月4日(金)晴れ

 今日はスタートが早いので、皆さん6:00には起きてきた。

 外は眩しい位の朝日が輝いている。

 簡単に朝食を済ませ、7:00にクラブハウスへ向かった。

 今日も残念ながら、富士山の頂上付近には雲がかかっていた。

 約30分でクラブハウスに到着した。

富士山2010.6.4
今日も富士山の頂上には雲が・・

 気温は既に19度まで上がっていて、快適なゴルフ日和になった。

 10:00頃早めの昼食を摂り、12:30には1ラウンドを終えてしまった。

 少し汗ばんだので、お風呂に入り、13:00過ぎにゴルフ場を後にした。

 道路は空いていて、仲間の皆さんを送って、14:45に帰宅することができた。