忘年堂ヶ島ツーリング2日目

  • 2009/11/29(日) 22:38:38

11月29日(日)曇り時々晴れ

 7:00起床。

 早速、露天風呂で一浴びしてきた。

 予報通り曇り空だが、それほど寒くはなく、穏やかな朝を迎えた。

堂ヶ島温泉ホテル1 堂ヶ島温泉ホテル2 堂ヶ島温泉ホテルの庭
堂ヶ島温泉ホテル

 夕べは、蚊に襲われた人が何人かいたようだ。

 7:30から朝食をいただき、ホテルの前で記念撮影をして、8:50に出発した。

ホテルから見る朝の海 堂ヶ島温泉ホテルの朝食
ホテルから見る朝の海      堂ヶ島温泉ホテルの朝食

 出発時の気温は14度あったが、予報通り、走るにつれてどんどん下がっていった。

 R136を、土肥、修善寺を抜け、亀石峠ICから伊豆スカイラインに入った。

 流石にスカイラインに入ると、気温は最低4度まで下がり、グリップヒーターの有難さが身にしみた。

 熱海峠で、熱海に用事がある一人が別れ、箱根峠ではもう一人とも別れ、残り7人になった。

 11:15に、芦ノ湖スカイラインの中にある喫茶店でコーヒーブレークをとった。

 冷えた身体に、熱いコーヒーが美味しかった。

 11:55に再び出発し、芦ノ湖スカイライン、箱根スカイラインを経由して、御殿場へ向かった。

 12:30に御殿場IC側の「福乃家」で昼食にした。

御殿場「福乃家」での昼食
御殿場「福乃家」での昼食

 食後、13:05、流れ解散とすることになり、御殿場ICから東名高速に入った。

 今日は、208km走って、14:35に無事帰宅することができた。

 今回は、天気にも恵まれ、宿の食事もまずまず良かったし、温泉も気持ち良く、満足できるレベルだった。

 2日間で437kmを気持ち良く走ることができた。


 

忘年堂ヶ島ツーリング:初日

  • 2009/11/28(土) 22:37:39

11月28日(土)快晴

 今年最後のツーリングは、「忘年堂ヶ島ツーリング」と称して、伊豆方面に1泊してくることになった。

 9:45西湘PA集合なので、8:00に我が家を出発した。

 千円高速以前は、ケチって、第三京浜−横浜新道−西湘バイパスのルートで西湘PAに行っていたが、今回は山手通り−R246−池尻ICから首都高・東名高速−厚木小田原道路のルートを選んでみた。

 横浜辺りから渋滞が始まったが、厚木小田原道路に入る頃にはスイスイ走れるようになった。

 ところが、厚木小田原道路が西湘バイパスに繋がっていると思い込んでいたため、小田原東ICの直前でおかしいことに気付き、このインターで降りて、仲間に電話して、小田原市内のR1で合流することにした。

 10:30頃、ようやく仲間と無線連絡できるようになり、箱根口の先のR732の入口で落ち合うことができた。

 箱根寄木細工で有名な畑宿や箱根旧街道を横目に、10:50に箱根七曲りを上がったところの茶店で小休止した。

箱根七曲りを上ったところの茶店
箱根七曲りを上ったところの茶店

箱根の景色1 箱根の景色2
眺望が素晴らしい箱根の景色

 11:15に再び出発して、箱根スカイラインを通り、12:20に十国峠ケーブルカー・レストハウスで昼食をとることになった。

 ところが、レストランが団体客専用になっていたため、うどん・そばコーナーなど、ろくな昼食にありつけなかったのは残念だった。

芦ノ湖スカイライン・富士見峠 十国峠ケーブルカー・レストハウス
芦ノ湖スカイライン・富士見峠  十国峠ケーブルカー・レストハウス

 12:55に十国峠を後にして、伊豆スカイラインに入り、13:20に巣雲山(標高519m)の休憩所で小休止して、冷川ICで伊豆スカイラインを降りた。

伊豆スカイライン・巣雲山
伊豆スカイライン・巣雲山

 湯ヶ島からR59へ入ってしばらくすると、メンバーの一人が行方不明になった。

 無線で何度呼びかけても応答がないので、仲間の一人が探しに行った。

 後で分かったことだが、彼は枯葉に乗って立ちゴケしたらしいが、我々の心配をよそに、美人のライダー二人に助けられてにやついていたらしい。

 その後、西伊豆側のR136に出て、15:50に今夜の宿「堂ヶ島温泉ホテル」に到着した。

 早速、露天風呂で疲れを癒したが、丁度見事な夕日というご褒美をいただき、大いに感動した。

堂ヶ島温泉ホテルからの夕日
堂ヶ島温泉ホテルからの夕日

 源泉は30.1度で、アルカリ単純泉とのことで、肌に滑らかな良いお湯だった。

 18:00からレストランで夕食になったが、仕事で急遽一緒に走れなかった仲間の一人は19:00頃無事到着した。

 部屋で忘年会になり、寝る前に大浴場で温まってきた。

料理1 料理2 料理3
堂ヶ島温泉ホテルの夕食

料理4 料理5 料理6


料理7 料理8


 今日のツーリングは、気温が最低10度、最高17度と、この時期としては暖かかった。

 今日の走行距離は219kmだった。


33回忌の法要

  • 2009/11/22(日) 22:36:27

11月22日(日)曇り

 今日は、親父の33回忌の法要を行った。

 生憎、時折小雨が舞う肌寒い一日となったが、八王子の上川霊園に着く頃には止んでくれた。

 道路状況が分からないので、早めに10:00に我が家を出発した。

 保育園の友達のピアノの発表会に行っていた娘と孫を中野坂上でピックアップして、初台ICから首都高に入った。

 心配した渋滞はまったくなく、順調に八王子ICで降りて、11:00過ぎに上川霊園に到着した。

 次は50回忌になるが、恐らく今回が最後の法要になると思う。

 幸い、兄妹3人とも元気で、13名の大人と2人の子供が集い、墓前でお経を上げていただいた。

我が家のお墓
我が家のお墓

 13:00前に霊園を後にして、会食の会場の日野市の「うなぎ藤田」に向かった。

 ほぼ予定通りに13:30に到着した。

「うなぎ藤田」1 「うなぎ藤田」2
浜松に本店がある「うなぎ藤田」

 親父の思い出話に暫し花が咲いて、15:30にお開きになり、少々渋滞気味の中央道を走って、17:00に帰宅した。

 料理1 料理2 デザート
「うなぎ藤田」の料理とデザート

水抜き:秋の山荘暮らし最終日

  • 2009/11/21(土) 15:35:09

11月21日(土)晴れ

 6:30起床。

 今日も朝から晴れ渡って、気持ちの良い朝を迎えた。

 朝食を済ませ、帰り支度をしてから、水抜き作業に取り掛かった。

 先ず、水道の元栓を締め、不凍栓のバルブを閉め、2ヵ所の水抜きコックを開け、ボイラーの水抜き(2ヵ所)、室内の水栓を半開きにし、トイレの水洗の水を流すなど、結構な作業量になる。

不凍栓バルブ開閉用の金具
不凍栓バルブ開閉用の金具

 ゴミ処理を終えて、9:00に山荘を出発した。

今年もお世話になりました
今年もお世話になりました

 眩しい位の日差しを浴びて、八ヶ岳、甲斐駒ケ岳、富士山などの山々を眺めつつ、大渋滞の下り線を尻目に、2時間10分の快適なドライブを楽しんで、11:10に無事我が家に到着した。



 

林檎の湯屋「おぶ〜」:秋の山荘暮らし3日目

  • 2009/11/20(金) 22:33:58

11月20日(金)晴れ

 6:40起床。

 起きたときは曇りだと思ったが、どんどん晴れ間が広がって、今日も穏やかな晴れの1日になりそうだ。

 木立の葉もかなり落ちて、ゴルフ場の芝も茶一色に変わり、すっかり晩秋の面影になってきた。

庭もすっかり秋の気配 ゴルフ場の芝も茶一色に
庭もすっかり晩秋の気配     ゴルフ場の芝も茶一色に

 10時頃、温泉の用意をして山荘を出発した。

 20号線の小坂田の道の駅に寄ってみた。

 この時期のりんごの種類はサンフジなのか、沢山出品されていた。

 手軽なお土産にも良いと思って、大量に購入しちゃったので、一旦山荘に置きに帰った。

小坂田の道の駅
小坂田の道の駅

 ついでに、壊れていたビデオ・デッキ2台をゴミ置場に運んでおいた。

 11時過ぎに、改めて「おぶ〜」に向かった。

 途中でお昼時になったので、「喜多方ラーメン・坂内」で昼食にした。

 10月末で期限切れになっていたクーポン券をみせたら、受け取ってくれたので、500円も引いてくれた、ラッキー!

林檎の湯屋「おぶ〜」
林檎の湯屋「おぶ〜」

 今回の「おぶ〜」の人工温泉は、屋久島の温泉で、無色透明の単純硫黄泉だった。

 露天風呂には、いつものミルキー風呂の位置に高濃度酸素の湯が設けられていた。

 また、ミストサウナの室内に大量の塩が置かれて、身体に塗って入るようになっていた。

 相変わらず、「おぶ〜」では次々と新しい企画を考えているようだ。

 一旦休憩してから、再びお風呂に入ってきた。

 最初は、塩を身体に塗って入るミストサウナはヒリヒリ感があったが、慣れてくると実に気持ちが良いことが分かった。

 帰路、塩尻のファミリー割烹「ゆたか」で夕食にして、18:15に山荘に戻った。

 いつ食べても、ここの料理は安くて美味しい。

 今夜は日替わり定食(700円)にしたが、内容は、豚ロースの諸味噌漬ステーキ、マグロ納豆、ミックスサラダに味噌汁が付いている。

ファミリー割烹「ゆたか」の日替定食
ファミリー割烹「ゆたか」の日替定食

みのわ温泉ながたの湯:秋の山荘暮らし2日目

  • 2009/11/19(木) 15:29:33

11月19日(木)曇り時々晴れ

 6時半に起床。

 ヒーターを点けておいたので、室温が18度に保たれていて、暖かい朝を迎えることができた。

 外気は零度近くまで冷え込んだようで、窓ガラスは結露が一杯付いていた。

 天気予報では、松本の最高気温は12度とのことだったが、驚いたことに、東京の最高気温がこちらより低い9度だと言う。

 スポーツクラブの誰かさんから、「病み上がりなんだから、若ぶらず、大人しくしていなさい」と言われたからではないが、今日は、ゴルフにも行かず、10:30頃、モバイルPCを持って「ながたの湯」へ向かった。

ながたの湯からの眺望
ながたの湯からの眺望

 久しぶりの「ながたの湯」は、平日なのに、かなり混み合っていた。

 先ず、内湯でしっかり温まってから身体を洗い、露天風呂、打たせ湯、サウナ、水風呂、低温風呂と楽しんできた。

 レストランで昼食を摂った後、モバイルPCでメールの送受信を試みたが、何の問題もなかった。

 考えてみれば、FOMAの通信可能地域であれば、インターネットへの接続は問題ないはずだった。

 帰る前にもう一度温泉に浸かることにした。

 低温風呂でのんびり入っていると、訳知り顔の二人の爺様が、自分も爺様なのは棚に上げて、大声で「あれは失敗だ!」と話し合っていた。

 聞くとはなしに聞いてみると、この夏改装された露天風呂のことだった。

 彼等からすると、湯船というものは顎までどっぷり入れるものを言うらしい。

 新しい露天風呂には、深い浴槽の横に、腰湯にも寝湯にもなる湯船が作られていて、若い人達には好評のようだった。

 頑固で保守的な爺様方には気に入らないというだけのことだった。

 美しい夕日を楽しみながら、17:30に山荘に戻った。



 

紅葉と雪と青空:秋の山荘暮らし初日

  • 2009/11/18(水) 22:28:31

11月18日(水)晴れ

 15日に来る予定だった山荘へ、風邪のため3日延びてしまった。

 夏休み以来なので、何と3ヶ月ぶりである。

 今回の目的は、4つあった。

?モバイルPCの送受信の確認。
?東京のDVDビデオレコーダーの設置
?不凍栓バルブの開閉用金具の購入
?帰りに水抜きを実施

 気温11度とやや寒い中、9:30に我が家を出発した。

 1000円高速になって以来、土日祝での遠出が多かったが、久しぶりに大月ICで降りて、甲州街道を走ってみた。

 紅葉や景色を眺めながらのドライブは快適だった。

紅葉と八ヶ岳1 紅葉と八ヶ岳2
紅葉と八ヶ岳と青空

 甲州街道を走る、もう一つの目的の道の駅「白州」に12:20に到着した。

 お目当ての「まぜご飯」を昼食にいただき、安くて新鮮な野菜を買ってきた。

 何しろ、天候不順で野菜の高騰があったこの秋のことがあるので、殊更安く感じた。

 直径2センチもある長ねぎが4本130円、はくさい一玉130円、レタス一玉100円、原木しいたけ300円、しめじ200円などである。

白州の野菜
安くて新鮮な「白州」の野菜

 岡谷市内の金物店で、念願の不凍栓開閉用の金具(1260円)を手に入れた。

紅葉と諏訪湖
紅葉と諏訪湖

 14:30に山荘に到着したが、流石に外気温3度、室内2度と冷えていた。

 早速ヒーターを入れ、コタツをセットした。

 東京から持参したDVDビデオレコーダーとテレビの接続をしてから、塩尻へ買い物にでた。

 デジカメのメモリーカードをパソコンに読み込むためのカードリーダーを忘れてきてしまったので、先ず、ヤマダ電器へ向かった。

 幸い980円という特価で出ていたので購入しておいた。

 次に、西友に寄り、食料の買出しをしておいた。

 買い物をしている内に、夕食の自炊が億劫になってきたので、外食に頼ることにした。

 帰りに、早速、テンホーで夕食をとって、18:15に山荘に戻った。

 

 

しぶとい風邪

  • 2009/11/16(月) 09:29:00

11月16日(月)晴れ

 ようやく風邪ともおさらばして、山荘へ出かけることができるかなと思っていたら、昨日の朝辺りから咳が出始めた

 今回の風邪は咳に悩まされなくて幸いだと思っていたが、甘かった。

 しぶとい風邪は、そうは問屋が卸してくれなかった。

 風邪の引き始めは鼻水で、その内微熱を伴うようになり、咽喉が痛くなった。

 寝汗をかいて微熱がなくなり、洟の方も鼻の下がティッシュで擦れて痛くなるほど出切った感じなので、いよいよ風邪も終焉を迎えたかと思われた。

 ところがどっこい、昨日の朝から、苦しい咳が出始めていた。

 ようやく今日の明け方に寝汗をかいてからは、潮が引くように咳が出なくなった。

 結局、今回の風邪はフルコースで見舞われた訳で、治ったかと思うと次のメニューがでてくるという、実にしぶとい面を見せてくれた。

 若い頃は、逆療法はともかく、2〜3日寝れば治ったことを考えると、自分の体力の衰えとともに、風邪の方もパワーアップしているのかも知れない。

 明日は1日雨模様の予報なので、山荘行きは早くとも18日(水)以降になりそうである。


逆療法の効かない身体

  • 2009/11/15(日) 08:32:52

11月15日(日)快晴

 今年も、ちょっとした不注意から風邪を引いてしまった。

 11月6日(金)の千葉の長南パブリックへゴルフに行った時、天候に恵まれ、かなり汗をかきながらのラウンドになった。

 ハーフを終えた時、せめて下着やスポーツシャツを着替えれば良かったのだが、そのままラウンドを続けて、「着干し」してしまった。

 それでも、「あれ、風邪をひいたのかな?」と思ったのは、月曜日のお気に入りのレッスン、「アクア・コンディショニング」に出たときだった。

 泡風呂やスチームサウナに入っていても寒気がしていたのである。

 家に帰って、熱を測ってみたら、37.5度の微熱があった。

 3日後の12日(木)には、義理の弟夫婦と嵐山カントリークラブでラウンドの約束があったので、この日から薬(総合感冒薬)を飲み始めた。

 普段、薬は滅多に飲まないのだが、私が抜けると、3人ずつ2組の組合せが成立せず、皆さんに迷惑をかけることになるので、何とか治さなければならなかった。

 薬が効いて、無事に嵐山カントリーでのラウンドも済んだので、薬の服用はストップさせた。

 15日(日)から信州・塩嶺の山荘へ行く予定にしていたので、その前に、親戚のパソコンのメモリー増量をやってしまおうと、13日(金)の朝、スクーターで出かけた。

 ところが、作業中に冷や汗が出てきて、気分が悪くなってしまった。

 どうやら、この日の朝は特に気温が低くて、皮手袋をしている手が痺れるほどの寒さだったことが原因で、風邪をぶりっ返したらしい。

 若い頃は、風邪気味になっても、スキーに出かけたり、ツーリングへ行って帰ってくると、風邪はいつの間にか治っていたもんである。

 それが今や、まったく逆療法の効かない身体になってしまっている。

 薬のせいか、今朝は平熱に戻ったが、しばらくは大人しくしていようと思う。

嵐山カントリークラブ

  • 2009/11/12(木) 15:27:04

11月12日(木)曇り

 今日は、義理の弟の誕生日プレーということで、嵐山カントリークラブに招待していただいた。

 2日前までは雨模様の予報だったが、昨日辺りから現地は曇り一時晴れに変わっていたので、風邪気味の中出発することにした。

 本当に現地の天気は大丈夫だろうかと心配しつつ、小雨がそぼ降る中、4時に起きて、ゆっくり朝食を摂ってから、6時前に義理の弟夫婦をピックアップして、練馬ICから関越道に入った。

 所沢辺りから雨は止んで、道路も乾いていた。

 東松山ICで降りて、7時前に嵐山カントリークラブに到着した。

 2組に別れて、7:51にINコースからスタートした。

 流石に名門コースと言われるだけあって、手入れが行き届いていて、グリーン上にはボールマーク一つ見当たらない。

嵐山CC2009.11.12 所々の紅葉が美しかった
嵐山CC2009.11.12  所々の紅葉が美しかった

 雨の気配は無く、予報では4〜5mの北風が吹くと言っていたが、実際は1〜2mと思われる微風が吹く程度で、ラウンドしていると汗ばむ位だった。

 ハーフを終ったところで、軽く食事を摂り、10:20にOUTコースに向かった。

 今日は、県民の日ということで、埼玉県民のエントリーで満杯ということだったが、その割には殆んど待ち時間が無く、12:20には上がってしまった。

 ゆっくり風呂に入って、レストランで誕生パーティの後、13:10頃帰路に着いた

誕生日プレーのケーキ
誕生日プレーのケーキ

 帰りも順調に走ることができて、義理の弟夫婦を送って、14:15に我が家に帰着した。

 風邪気味のためか、身体に力が入っていないフワフワした気分だったが、天候に恵まれ、ラウンドを楽しむことができた。