パソコンのメモリー増設

  • 2009/10/28(水) 23:36:40

10月28日(水)快晴のち晴れ

 主に仕事で使用しているデスクトップのパソコンの動作スピードが気になっていた。

 趣味で使用しているノートパソコンや最近入手したモバイルパソコンのメモリーが1GBで、それに慣れているせいか、デスクトップ・パソコンの動作が遅く感じられるのかも知れない。

 最近のメモリー価格が恐ろしく安くなっているので、デスクトップ・パソコンのメモリーを増設してみることにした。

 と言っても、メモリー・スロットは2個しかなく、それぞれ128MBのメモリーで埋まってしまっているので、512MBずつに差し替えることにした。

 512MBで約1400円で買えるので、代引き手数料や送料を含めても、2個(1GB)で3800円足らずである。

 今日届いたので、早速メモリー交換をしてみたが、案の定、かなり快適に動作するようになった。

 もっと早くやっていれば良かったと思う。

我が家の地デジ対策

  • 2009/10/28(水) 22:24:50

10月28日(水)快晴

 最近のエコ運動の推移や、日本の中古テレビがフィリピンでリサイクル活用されていて、そのリサイクル処理能力が地デジ移行時期に近づくにつれて限界を超えるというテレビ放映を見て、我が家も地デジ対策を急ぐことにした。

 2週間ほど前に、40型のブルーレイ・ディスク内蔵のテレビを購入しておいた。

 アンテナ型にしようか、ひかりテレビにしようか散々迷った結果、ひかりのフレッツ・テレビにすることにした。

 理由は単純で、現在パソコンや電話のためにNTTのフレッツ光を利用しているので、アンテナの新規設置工事が不要テレビが何台でも接続できるところが気に入ったのだ。

 工事を終えて、アナログのまま当分利用する予定の、2階の2台のテレビでもBS放送が見られるようになった。

 また、「Bフレッツ」から「フレッツ光ネクスト」へ移行したので、通信速度が、下り最大200Mbps上り最大100Mbpsというより高性能のルーターに変更になった。

 費用は、初期費用として、テレビ4台の設置に対して、
?フレッツ・テレビ伝送サービス工事   6300円
?オプティキャスト施設利用登録料    2940円
?ホーム共聴工事           17850円
?ブースター追加設置工事       10500円
合計37890円だった。

 この他に、フレッツ・テレビ月額利用料が、毎月682.5円掛かるので、受信状況の良い我が家では、行く行くはアンテナ方式に切り替えた方が経済的なのかも知れない。

第74回日本オープンゴルフ選手権

  • 2009/10/18(日) 22:35:38

10月18日(日)快晴

 今日は、第74回日本オープンゴルフ選手権を妹のご主人と観に行くことになっていた。

 今年の会場が狭山市の隣町の入間市にある武蔵カントリークラブ・豊岡コースなので、夕べは狭山の妹宅に泊めてもらった。

 7:00過ぎに、妹が車で私と妹のご主人を会場まで送ってくれた。

第74回日本オープンゴルフ選手権 3日目終わって遼君トップ
第74回日本オープンゴルフ選手権  3日目終わって遼君トップ

 8:00頃からのスタートなので、それまで選手の練習風景などを観て過ごした。

 今回は、石川遼が3日目までトップできているので、大変な人気である。

 快晴・無風の絶好のゴルフ日和に恵まれ、観戦していると暑い位だった。

練習グリーン 1番ホール
練習グリーン          1番ホール

 コースは、狭山丘陵の平坦な地域だが、実際に見てみると、距離の長さやレイアウトの難しさに加えて、グリーンのうねりや速さで、トップレベルのプロでもスコアが伸びない理由がよく分かった。

 石川遼の出現で急速に人気が出てきたせいか、観戦のマナーを守らない観客が多いのは困ったものだ。

 今回も、石川遼のプレー中にシャッターを切って、プレーを中断させた場面があったようだが、我々の目の前の高齢者も写真を撮っていて、係員に厳しく注意されていたが、悪びれた様子もなく平然としていた。

 10番ホールで最終組の遼君のプレーを観てから、14:00過ぎに会場を後にした。

 16000人位の観客が入っていたらしいので、帰りの送迎バスの混雑を避けるために、早めに帰路に着くことにした。

 送迎バスで入間市駅へ出て、西武池袋線で1駅先の稲荷山公園駅で妹が車で迎えに来てくれた。

 最終的には、プレーオフの末、小田龍一がツアー初優勝したが、充分遼君のプレーに満足して帰ってくることができた。

桧枝岐温泉ツーリング

  • 2009/10/17(土) 22:33:57

10月17日(土)曇り

 今月のツーリングは、桧枝岐温泉への1泊になった。

 これまでに2度も中止になっていたので、余程縁が無いのかと嘆いてきたが、ようやく念願が叶った。

 と思ったら、私だけが、明日の日本オープンゴルフ選手権に妹のご主人と観に行く約束をしていたため、日帰り参加となってしまった。

 ともあれ、先月の富士・田貫湖ツーリング以来、約3週間ぶりにVFRに乗れるとあって、勇んで8:00に我が家を出発した。

 着ていくものに迷った挙句、Tシャツに皮のつなぎで行くことにした。
 気温は19度で、丁度良い感じだった。

ニューマシン
VFR800FIとともに

 直ぐに、中野長者橋ICから首都高・中央環状線に入り、東北道に入った途端に渋滞が始まった。

 どうも、ETC1000円施策以来、土日祝日の高速道路は大渋滞になっている。

 9:45蓮田SA集合だったが、8:45には到着した。

 9:00過ぎには、全員集合したので、早めに出発して、日光宇都宮道路の日光ICを出たところで集合することになった。

 ところが、私ともう一人が、待てど暮せど他の人達が現れない。

 その内、二人は到着したが、残りの3人は行方不明になった。

 どうやら、宇都宮JCTで一般道に下りてしまったようだった。

 確かに、日光宇都宮道路への分岐点は分り難いが、3人も間違えるとは意外だった。

 結局、1時間15分ロスして、10:45に再出発。

 霧降高原道路に入り、標高がどんどん上がるに連れて、気温がどんどん下がり、10度にまで下がってしまった。

 標高が1400mを超えていたので当然だったが、その分、紅葉真っ盛りの様子を楽しむことができた。

 12:00に、大笹牧場のレストランで昼食にした。

大笹牧場 紅葉真っ盛り
大笹牧場で昼食         紅葉真っ盛り

 最初は、川治温泉からUターンしようと思っていたが、寒かったこともあって、大笹牧場から元来た道を帰ることにした。

 桧枝岐温泉へ向かう皆さんと別れて、12:50出発。

 下界に下りると20度前後の快適なツーリングになった。

 日光ICから日光宇都宮道路を経由して東北道に入り、14:05に佐野SAで給油・休憩をとり、14:45に出発した。

 川口JCTから外環に入り、大泉ICで関越道に入って、川越ICで下りて、狭山の妹宅に16:05に到着した。

 妹のご主人と、近くの天然温泉「やまとの湯」で疲れを癒してきた。

 本日の走行:370km
 費用:  有料道路: ETCのため不明
       昼食   : 740円
       飲み物 : 120円


デテリーナ創立15周年記念コンサート

  • 2009/10/14(水) 22:32:44

10月14日(水)曇り

 今日は、午後から「デテリーナ創立15周年記念コンサート」に行ってきた。

 このコンサートは、日本・ブルガリア国交再開50周年記念として開催されており、東京と川崎での公演となった。

会場の高津市民館 入場チケット プログラムの表紙
会場の川崎市高津市民館     入場チケット           プログラムの表紙

 なぜ私がこのコンサートに足を運んだかというと、実は妹がデテリーナ創立以来のメンバーで、このコンサートにも出演しているからだ。

 デテリーナというのは、1994年創立のブルガリア民族舞踊グループのことで、ブルガリア人の振付家ヌーシャ女史を中心に結成されたという。

 ヌーシャ女史のご主人は、日本人の石坂史郎氏で、彼自身もトリオ・バルカンの一員として、巧みな踊りやタンブーラ演奏をこなし、公演企画・指導・演出で大活躍されている。

 妹は、デテリーナのメンバーであると同時に、ブルガリア民謡グループ「スラヴェイチェ」のメンバーでもある。

 公演は、歌と踊りと民族音楽で、ダイナミックな踊りとアップテンポな音楽に酔いしれた。

 踊りは、結構複雑なステップとリズムが難しそうだった。

 ブルガリア国立民族合唱舞踊団「フィリップ・クテフ」歌手のネリーさんの魅力的な歌声には感動したし、9歳の娘のカリンカちゃんの巧みな歌唱力にも感心した。

 ネリーさんは、「さくら」、カリンカちゃんは「お馬の親子」を日本語で歌って、大喝采を浴びていた。

 オスマン・トルコに500年もの間支配されたとはいえ、ヨーロッパで3番目に古い国とあって、伝統的な民族衣装は1つの文化を感じさせてくれた。

 ブルガリアといえば、ヨーグルト、ばら、琴欧州ぐらいの知識しか無かったが、今回の公演で、ブルガリアの文化に一歩近づいた気分になることができた。

来年のカレンダーのデザイン
来年のカレンダーのデザイン

ヒロクンの運動会

  • 2009/10/10(土) 18:30:59

10月10日(土)晴れ一時小雨

 今日は、孫のヒロクンが通う保育園の運動会に行ってきた。

 ヒロクンは既に年長組なので、保育園での最後の運動会だ。

 幸い、青空に恵まれて、保育園そばの公園で行われることになった。

 9:15開始なので、9:00頃会場へ行ってみたら、すでに大勢の観客が集まっていた。

 皆さん、我が子、我が孫の勇姿を撮ろうと、カメラやビデオ機器を持っている。

青空に恵まれて 大勢の観客
青空に恵まれて         大勢の観客

 運動会のプログラムの表紙には、ヒロクンの絵が選ばれて載っていたり、入場門にもヒロクンの絵が貼ってあって、一際親近感を覚える運動会になった。

 ヒロクンの絵がプログラムの表紙に 入場門にヒロクンの絵が
ヒロクンの絵がプログラムの表紙に  入場門にヒロクンの絵が

 予定通りオープニングが始まって、かけっこ、玉入れ、保護者競技と、プログラムがどんどん進み、ティータイムのイベントで、三宅太鼓の見事な演奏が終わってしばらくすると、突然小雨が降り始めた。

三宅太鼓
三宅太鼓

 降水確率10%の予報だったので、まったく雨になるとは誰も考えていなかった。

突然の雨
突然の雨で、しばし雨宿り

 結局、1時間ほど中断してから再開した。

 午後からは、メイン・イベントの「ソーラン節」が繰上げて実施された。

 全員が黒装束で、きりりとした表情での「ソーラン節」は、なかなか迫力満点だった。

 その後も、卒園児や地域のゼロ歳児、1歳児も含めた、盛り沢山なプログラムを消化して、13:45に終了した。

 リレーを最後に、フィナーレでは、年長組への金メダルの授与や先生からのお菓子のメダル授与などがあって、ヒロクンたちには思い出深い運動会になったようだ。

 それにしても、毎回感じることだが、保育園の先生方のご苦労は大変なものがあると今回も感じた。

公訴時効

  • 2009/10/07(水) 09:53:26

10月7日(水)雨

 今朝は雨模様なので、特に外出の予定も無く、何となくテレビを見ていたら、公訴時効廃止が白紙に戻りそうな状況になってきたことを知り驚いた。

 以前から殺人事件の場合は、諸外国と同様、時効は廃止すべきだと思っていた。

 以前の時効成立15年から25年に延長されてきたので、いずれ時効は廃止されるものと思っていた。

 最近は、ようやく世論の後押しもあって、時効廃止の方向に向かってきたと思いきや、今度の千葉景子法務大臣が、「防御権が損なわれる可能性があるので」とか訳の分からないことを言って、時効廃止論は白紙に戻す意向を示したという。

 時効廃止となれば、捜査費用の増加、冤罪の増加などにつながる恐れがあるという理由も分かるが、かと言って、15年や25年で被害者の無念が晴れることは絶対にないと思うのは私だけなのだろうか。

クラス会報告書

  • 2009/10/05(月) 23:26:27

10月5日(月)曇り時々雨

 記録魔おじさんとしては、一昨日のクラス会は格好の題材なので、早速、報告書の作成に取り掛かった。

 「鉄は熱い内に打て」の言葉通り、記憶に新しい内に作ることが肝要である。

 何ヶ月も前から報告書を作成する積もりだったので、当日は、デジカメ、ボイス・レコーダー、カセット・テープ、予備の乾電池、モバイル・パソコン、メモ用紙、ボールペンなどの七つ道具を持ち込んだ。

 一番大変な作業は、ボイス・レコーダーから近況報告などの原稿を起こすことだ。

 特に、皆の酔いが回ってくると、野次や爆笑などで聞き取れない場面が多くなる。

 写真は、予め報告書に収める場面を、ある程度想定してあるので、スムーズに作業できる。

 こうして、概略下記の内容で、10頁の報告書が完成して、郵送した。

・歓談の様子
・事務長をしている同期の友人による開成学園の近況報告
・懇談しながらの各自の近況報告
・欠席者の近況報告
・最新の住所録

報告書
クラス会報告書

中・高のクラス会

  • 2009/10/03(土) 22:29:27

10月3日(土)

 今年の中・高時代のクラス会は、例年通り、10月の第一土曜日の今日、開催の運びとなった。

 今年は、遠路からの参加者の便を考慮して、東京駅の八重洲富士屋ホテルに設定してみた。

 今年は幹事を仰せつかっているので、早めに家を出て、開始1時間前の15:30に現地に到着した。

 驚いたことに、既に到着している者が居たり、続々開始時刻よりかなり早く到着する有様だった。

 余程、家には居られないということか。

 一時は、23名の参加申込みがあったが、突然の入院やら所用のため、急遽参加できない人がいて、結局18名の集いとなった。

 それでも、会が始まると、そこは6年間も一緒に席を同じくした仲間同士のこと、賑やかに楽しい時間になった。

 来年の再会を誓いながらお開きとなった。

最初の料理、後は幹事役が忙しくて撮り忘れた

最初の料理、後は幹事役が忙しくて撮り忘れた