那須・塩原ツーリング:2日目

  • 2009/06/28(日) 22:15:41

6月28日(日)曇り

 6:00起床。 早速、朝の温泉を楽しむ。

 男女入替制になっているので、今朝は昨日とは別の浴槽だった。

 丁度良い湯加減で、のんびり浸かって、リラックスすることができた。

 朝食までの間、館内をゆっくり見てみると、この宿は、こじんまりしていて、調度品や装飾品に細かい気配りと品の良さが感じられた。

 7:15からいただいた朝食も、なかなか美味しかった。

 ご飯・味噌汁・お新香をはじめ、納豆・海苔・温泉玉子、その場で焼く魚や鶏肉と卵のスープに、わさび・筋子・玉子焼き・漬物などのコンビネーションなど、実に多彩で、美味しくいただくことができた。

美味しかった朝食
美味しかった朝食

 「これで、美味しいコーヒーでも出たら完璧だね」なんて話し合っていたら、ロビーで、まさに美味しいコーヒーを無料でサービスしていた。

 こんな宿はあまり経験した記憶がなかったので、感動ものだった。

サービスのコーヒー
サービスのコーヒーに大満足

 8:30に、曇り空の中を出発したが、昨日のような暑さはなく、25度前後の快適なツーリングになった。

 塩原から北上して、那須を経て、東北新幹線の白河駅を過ぎて、9:55に南湖(なんこ)公園に到着した。

 この公園は、白河藩主だった松平定信が老中職を退いた時、享和元年(1801年)、この低湿地が狭まる東側の堰堤を改修し、築庭した我が国最初の公園だそうである。

趣のある南湖 南湖神社 日本庭園の「翠楽苑」
趣のある南湖          松平定信の銅像がある南湖神社  日本庭園の「翠楽苑」

 思いがけず、良い雰囲気の公園でのんびりして、茶店で名物の「南湖だんご」を食してみた。

 小ぶりの、なかなか美味しいだんごだった。

名物「南湖だんご」の茶店 冷やし南湖だんご
名物「南湖だんご」の茶店    冷やし南湖だんご(300円)

 携帯電話のインターネット・サービスで雨雲の様子を見ると、午後には東京が雨になりそうだということで、予定していた大子町から常磐道へ行くルートをパスして、直帰することにした。

 11:10に東北道・白河ICに入り、自由走行して、12:00に都賀西方SAで小休止を取った。

 私と仲間の一人を除く遠路の4人は蓮田SAで昼食を摂って行くことになり、ここで流れ解散となった。

 12:30に帰路に着き、再び東北道をひた走り、首都高・中野長者橋ICで降りて、2日間の走行:532kmを終えて、13:40に無事我が家に到着した。

 「何とか雨に降られずに来たなぁ」と思った途端に、雨が降り始めた。 ラッキー!

 本日の走行:258km
 費用:  有料道路:  1600円
      飲食:     457円
      お土産:    750円




那須・塩原ツーリング:初日

  • 2009/06/27(土) 22:14:22

6月27日(土)快晴

 今回は、那須塩原温泉に1泊でツーリングに行くことになった。

 梅雨時には珍しく、快晴の天気に恵まれ、7:30に我が家を出発した。
いつものガソリンスタンドで給油とエアチェックをして、中野長者橋ICから首都高速に入った。

 このICが出来てから、関越道、東北道、常磐道などの高速道へ行くには、誠に便利になった。
 気温はもう27度まで上がって、しかも猛烈に蒸し暑い。

 高速道は快調に走れたが、暑さでボーっとしていたのか、いつの間にか関越道から外れて、新大宮バイパスへ降ろされてしまった

 これがケチの付け始めか、この後3つもドジを重ねる羽目になった。

 思いがけない所で一般道に降ろされてしまったので、再び関越道に戻る道順が分らず、ウロウロすることになったが、ガソリンスタンドに飛び込んで教えてもらい、所沢経由で川越ICからようやく関越道に戻ることができた。

 こういう時は、ナビがあると助かると実感した。

 待合せの高坂SAには、9:03に到着した。 待合せ時刻は、9:45だったので、十分余裕はあった。

 ほとんど同時に、仲間の一人も到着。 館山の別荘から来た人は、何と196kmも走って、大分お疲れの様子だった。

 「最後の2台目」というKAWASAKI VULCAN CLASSIC 900は、かなり大柄なバイクだった。

 最後の一人も到着して、5人全員が揃ったところで10:00に出発した。

 10:40に上里PAでもう一人と合流して、6人全員が揃った

 それにしても、今日は暑くて、フロント・パネル近辺にセットした温度計は、40度をゆうに超えていた。

 そのせいか、本日2度目のチョンボをやらかしてしまった。

 伊勢崎ICで降りるべきところを、駒方・伊勢崎方面の標識を見て、一つ手前の駒形ICで降りてしまった。

 後ろを走っていた二人を道連れにしてしまった。

 これまた、北関東自動車道へ戻る道が分らず、ウロウロした挙句、何とか元の駒形ICから入り、11:35に伊勢崎ICで降りて、先行する3人と合流することができた。

 結構渋滞する一般道を、三和町、大間々町と抜けて、草木湖の手前のR122の道の駅「くろほね」(黒保根)に12:20に到着して昼食にした。

 冷たい「大盛りざるうどん」(650円)が、意外に美味しかった。

大盛りざるうどん
大盛りざるうどん

 13:15に再び暑い中を出発した。 渋滞気味の日光を抜け、R119に入って、14:45にようやく「喫茶店」を見つけ、エアコンのない店内で、あまりの暑さにコーヒーの積りが「メロンミルク・フラッペ」になってしまったが、一息つくことができた。

コーヒーの積りがメロンミルク・フラッペに
コーヒーの積りがメロンミルク・フラッペに

 15:25に、喫茶店を後にして出発しようとした際、本日3度目のチョンボが待っていた。

 路面の左側が高くて、サイドスタンドがひっ掛かっていたのを外そうとしていたら、ジーパンの裾がステップにひっ掛かってバランスを崩し、車体が左に傾いて支えるのが難しくなったため、そのまま頑張ると身体を痛める恐れがあるので、バイクに静かに横になってもらった。

 まったくついていないというか、ジーパンの裾がステップにひっ掛かるなどという、滅多に無いことが起きてしまったのだ。

 幸い、仲間の一人に手伝ってもらって、バイクを起こしたところ、静かに寝かせたこともあって、バイクにダメージは無かった。

 その後、会津西街道(R121)を通り、日塩もみじラインに入った。

 シーズンオフの日塩もみじラインは、車が少なくて快適なワインディングを楽しむことができた。

 16:40に塩原温泉の秀山閣「佐か茂登」(さかもと)に到着した。
http://www.naf.co.jp:80/sakamotoya/

「佐か茂登」の玄関 ロビー
「佐か茂登」の玄関       雰囲気の良いロビー

 バイクを屋根付きの駐車場に停めさせてもらえたので、好印象を受けた。

 早速、温泉に入ってみた。 温泉は、源泉かけ流しで、源泉の温度63.2度の無色透明・無味無臭だそうだが、かなり熱めだった。 内湯だけで、露天風呂が無いのが物足りなかった。

 18:00から個室で夕食をいただくことになったが、落着いた雰囲気で、ゆっくり料理を味わうことが出来た。

 この料理が、とてもお洒落で、美味しかったので、仲居さんに献立の内容をメモ書きで良いのでいただきたいと頼んだら、若女将直筆の立派な献立表を作って持ってきてくれたのには感激した。

 夕食のお膳には、ブランデー仕立ての梅酒が食前酒として乗り、先附や鮪・八汐ます・するめ烏賊などの造りなどが用意されていた。

 三元豚のヘルシーしゃぶしゃぶには、水菜、舞茸、笹葱などが添えられ、ごまだれとポンズでいただくようになっている。

 ゆかりご飯、赤だし浅利汁も実に美味しかった。

若女将直筆の献立表
若女将直筆の献立表

夕食のお膳 温肴 冷鉢
夕食のお膳          海老・蓮根万十の温肴     鰻の茄子茶巾の冷鉢

ヘルシー豚のしゃぶしゃぶ 魚そうめん 那珂川稚鮎の塩焼き
ヘルシー豚のしゃぶしゃぶ    魚そうめん          那珂川稚鮎の塩焼き

揚げ物 飯・止椀・香物 果物の水菓子
揚げ物            飯・止椀・香物        果物の水菓子

 ところで、本日4つ目のドジは、入館直後のロビーで、ヘルメットをジュウタンの上に落とした拍子に、スクリーンの片方の停め具が外れてしまった。

 大汗をかきながら、何とかハメようと頑張ってみたが、どうしても直らなかったが、アライのヘルメットに詳しい仲間の一人が簡単に直してくれた。

 まったく、今日はツイテないというか、普段はしそうもないドジを4回もしてしまった。

 それでも、無事に到着できたことに感謝しなくてはいけないのだろう。

 本日の走行:274km
 費用:  有料道路:  2050円
      昼食:     650円
      飲食:     300円
      宿泊:  11,500円



6月のベルビュー長尾合宿:2日目

  • 2009/06/26(金) 19:12:39

6月26日(金)晴れ

 6:00起床。

 皆、還暦を過ぎているので、早起きは得意だ。

 コーヒーを一杯飲んだだけで、6:45に出発した。

 長尾峠を越えた途端、素晴らしい富士山の姿が現れ、ついシャッターを切ることになった。

富士山の姿が現れた 頂上付近をクローズアップしてみた うっとりするような眺め
富士山の姿が現れた       頂上付近をクローズアップしてみた  うっとりするような眺め

 7:20にクラブハウスに到着し、8:03にアウトコースからスタートした。

富士山を正面に見て
富士山を正面に見て

 今日は、昨日と違って、スムースにラウンドすることができた。

 ただし、今日は、気温は27度前後だったが、蒸し暑くて、じっとしていても汗が流れてくる感じだった。

 12:30に1ラウンドを終えて、風呂に入ってから、13:10に帰路に着いた。

 東名高速を降りてから少し渋滞したが、丁度2時間で、15:10に帰宅した。

歩行距離:約7.3km(歩数計で11,300歩)


6月のベルビュー長尾合宿:初日

  • 2009/06/25(木) 18:11:33

6月25日(木)曇り

 今回のベルビュー長尾ゴルフクラブでの合宿は、義理の弟や友人の3人と行くことになった。

 梅雨時のことで、天気が心配だったが、何とかこの2日間は持ちそうな気配だった。

 スタートの予約が9:48と、ゆっくりだったので、7:15に我が家を出発した。

 パートナー達を拾って、東京ICから東名高速に入った。

 道路は比較的順調に走れたが、予報とは違って、どうも雲行きが怪しかった。

 1時間45分で、9:00にクラブハウスに到着したが、案の定、富士山は雲に隠れてまったく見ることができなかった。

この位置に富士山が見える筈なんだけど・・・
この位置に富士山が見える筈なんだけど・・・

 今日は、18組ものコンペが入っていたせいか、待ち時間が多く、午後のスタートは13:25になってしまった。

 ようやく16:00に風呂に入って、買い物をして、17:20に箱根の別荘に到着した。

 18:30に、夕食のため、近くのレストラン「沢羅木」へ出かけた。

 前回もこのレストランに入ったが、美味しかった記憶があった。

レストラン「沢羅木」
レストラン「沢羅木」

 19:30に別荘に戻った。

 暑くも寒くもなく、梅雨時のこの時期としては願ってもないゴルフ日和に恵まれた1日だった。

歩行距離:約9.1km(歩数計で14,100歩)


一生達者で過ごすための「攻めの養生法」

  • 2009/06/24(水) 20:39:22

6月24日(水)曇り

 毎月送られてくる「JAF Mate」(ジャフメイト)を斜め読みしていたら、「一生達者で過ごすための「攻めの養生法」」という記事が目に留まった。

 共感するものがあったので、ここに一部を紹介しよう。

 「一生達者で過ごすには、身体という「生命場」に満ちる生命(いのち)のエネルギーを日々高め続けること、そのためには、常にときめきを感じることが大事、と帯津良一先生は言う。」

 この帯津良一先生というのは、帯津三敬病院名誉院長で、西洋医学に中国医学や気孔、心理療法などを組み合わせた医療を実践していることで知られているそうである。

 「ときめくとは、日々の生活の中で、積極的にわくわくする気分を見つけること。その姿勢が攻めの養生の基本。さらに、攻めの養生をよりよく実践するには「食」「気」「心」の3つの実践が必要だ。」

 「昔から『目には青葉 山ほととぎす 初鰹』といって、旬のものを食べると長生きすると言われてきました。食の養生とはまさにこれで、自然のエネルギーをふんだんに持つ、地場産の旬のものは身体にいいのです。新鮮さはもちろん、地場という自分の生命場に近いエネルギーは抵抗なくとりこみやすい。要は季節感を大切にして、おいしいと思うものを心ときめかせて食べることが肝心です。」

 「気の養生とは、姿勢・呼吸・心を整えることをいう。気の養生には気孔やヨガが効果的で、体内の気の巡りを改善できる。おすすめは気孔ですが、ラジオ体操でも、散歩でも、やりやすい健康法でかまいません。大切なのは雑念を払って、息を吐く・吸うという呼吸のリズムを意識しながら、身体を動かすことです。」

 「心の養生とは、日々の心の持ち方の問題。くよくよ悩んでばかりいないで、前向きな気持ちで心ときめかせることを実践していけば、生命のエネルギーは自然に上がる。食べ物をうまいと感じたり、新しいことを始めてわくわくしたりするだけでいいのです。ただし、人間は本来、悲しくて心もとない存在でもあると心得ておくこと。そう最初に思っていれば、あとはどんなに小さな希望の種からでも花が咲きます。」

グアムの最終日

  • 2009/06/22(月) 22:21:41

6月22日(月)晴れ

 今回の3泊4日のグアム旅行も、あっという間に最終日を迎えた。

 HISの送迎バスで空港に向かい、定刻通り11:50にコンチネンタル006便のB737−800は出発した。

 150人乗りのこの便もほぼ満席状態だった。

 フライトは順調で、定刻通り14:45に到着した。

 帰りの高速道路も、全く渋滞に遭わず、16:50に無事我が家に帰ってきた。

続きを読む

グアムの3日目

  • 2009/06/21(日) 22:20:21

6月21日(日)晴れ

 今日は、結婚式の日、スコールもなく、素晴らしい天気に恵まれた。

 結婚式場は、「Blue Aster」というチャペルで、披露宴は「テ・キエロ」というレストランで行われた。

 無事に結婚式を終え、和やかな披露宴の後、一旦ホテルに戻って、プールサイドで暫し休憩した。

 夕方、親戚のレンタカーで、「プレミアム・アウトレット」やコンビニの「大阪」などへショッピングに行ってきた。

 夕食は、11名で「ユミー・トゥミー」という中華料理店に集まった。

 私を除いて、皆さんは又も「DFSギャラリア」へショッピングに行った。

続きを読む

グアムの2日目

  • 2009/06/20(土) 22:19:19

6月20日(土)晴れ時々スコール

 今日は、結婚式前日の休養日なので、HISのショッピング付き島内観光に参加した。

 コースは、恋人岬⇒DFSギャラリア⇒パセオ球場⇒ラッテストーン公園⇒スペイン広場⇒マイクロネシアモール⇒ホテル だった。

 前回も参加しているので、特に観光の真新しさはなく、専らショッピングに興味が移っていた。

 円高の上に、旅行者激減のため、驚くほどのディスカウントが行われていた。

 Kマートに寄ってから、一旦ホテルに戻り、両家主催の食事会に出席した。

 会場は、2年前と同じ、焼肉料理店の「世宗」(セジョン)で、今回も総勢30名の盛会になった。

続きを読む

甥の結婚式でグアムに行ってきました

  • 2009/06/19(金) 22:09:31

6月19日(金)曇り

 甥(家内の妹の長男)の結婚式に参列するために、家内や娘、孫と共に、3泊4日でグアムへ行ってくることになった。

 5歳の孫が一緒なので、選べるフライト、選べるホテルのHISのツアーパッケージにした。

 車で成田まで行き、コンチネンタル航空の約3時間半のフライトで、21:30にヒルトン・グアム・リゾート&スパに到着した。

 2年前の3月にも、姪の結婚式に参列するために同じホテルに泊まっているので、館内のレイアウトは良く覚えていた。

続きを読む

2度目の長南カントリークラブ

  • 2009/06/18(木) 19:04:32

6月18日(木)

 先月に続き、長南カントリークラブで、大学時代の友人を中心としたゴルフ仲間7人とラウンドすることになった。

 梅雨入りしているので、天気が心配で、数日前から現地の天気予報をチェックしていた。

 今にも雨が降りそうな空模様の中、6:05に新代田駅で友人をピックアップし、幡ヶ谷ICから首都高速に入った。

 高速道路は順調に流れていて、市原ICで降りて、7:40に長南カントリークラブに到着した。

 8:20にアウト・コースからスタートしていった。

アウト・コース1番
アウト・コース1番

 今朝の天気予報では、午後から雨になるとのことだったので、スルーで回らせてもらった。

 結局、雨らしい雨には降られずに、1ラウンドを終えて、昼食を摂ってからお風呂に入り、レストランでお茶して、15:20に帰路に着いた。

 帰りは至極順調で、ほとんど渋滞も無く、17:00に友人を明大前に送り、ガソリンを補給して、17:20に帰宅した。

 今日も、ゴルフと懇談で、楽しい1日を過ごすことができた。