忘年ツーリング−伊豆半島:2日目

  • 2008/11/30(日) 22:38:53

11月30日(日)快晴

 6:00起床。 日の出が6:31と聞いていたので、全員早起き。

 朝風呂に入った後、カメラを持ってホテルのプライベートビーチへ散策に出た。

 快晴の青空の下、日の出ショーが展開され、その見事さに感動の一時を味わうことができた。

日の出1 日の出2 日の出3
見事な日の出ショーの展開に暫し感動の一時を味わった

日の出4 日の出5 日の出6


 ホテルのプライベートビーチは、良く手入れされており、安心して過ごせる雰囲気があった。

プライベートビーチ1 プライベートビーチ2 サンデッキ
良く整備されたプライベートビーチ

 7:30から全員揃って朝食になった。 和・洋好みの料理を選べるバイキング方式で、各々が朝食を楽しんだ。

朝食
下田プリンスホテルでの朝食

 ホテルの前で、全員の記念撮影をして、8:45に出発した。

 R135を南下し、石廊崎の側を抜けて、R136を松崎方面に向かった。

 強風のため海は白波が立っていたが、快晴の青空に映える雪を被った富士山の姿は見事で、感動を味わいながら走ることができた。

富士山1 富士山2 富士山3
滅多に見られないほどの見事な富士山

 10:20、松崎の喫茶店でコーヒータイムとなった。

 30分ほど休んで、再びR136を走り始めた。

 R136からR17に入り、戸田に向かった。

 11:50、高足蟹を食べさせることで有名になった「の一」食堂に到着した。

 新鮮な「刺身付きアジの焼き魚定食」(1,300円)は、アジが2匹も付いて、実に美味しかった。

戸田漁協前の「の一」食堂 刺身付きアジの焼き魚定食 魚を干している「の一」前の海辺
戸田漁協前の「の一」食堂    刺身付きアジの焼き魚定食    魚を干している「の一」前の海辺

 13:00、「の一」食堂を出発した。

 強風のため、伊豆スカイラインを走る予定を変更して、大瀬崎、三津へと海岸沿いに走ることにした。

 沼津の手前で一人が別れ、沼津ICから東名に入った。

 14:50に足柄SAで小休止を取り、ここで流れ解散として、15:15に帰路に着いた。

 多少渋滞があったが、16:35に無事に帰宅することができた。

 今日は、気温が15〜20度と、予想したよりも暖かかった。

 今回の走行距離は445km。 天候に恵まれ、実に気持ち良くツーリングを楽しむことができた。

忘年ツーリング−伊豆半島:初日

  • 2008/11/29(土) 22:37:34

11月29日(土)晴れ

 今年最後の「忘年ツーリング」を迎えた。

 1泊2日で伊豆半島を一周してくることになった。

 幸い、今日、明日とも、暖かい好天になるという予報が出ている。

 6月末に伊豆半島を日帰りした時は、6:10に出発したために、2時間以上も前に集合場所の西湘PAに到着してしまったので、今日は7:30に我が家を出発した。

 出発時の気温は12度と、少し肌寒かったが、天気予報を信じて、皮のつなぎだけで行くことにした。

 環七−R246−環八−第三京浜−横浜新道−R1−西湘バイパスと、いつものルートを行ったが、ETCを着けている今回は、料金所を通過する度に小銭を出さなくて良いので、随分楽だった。

 西湘バイパスに入る前辺りから、白バイを真似たバイクと衣装の男がウロチョロしていたが、バイク乗りの風上にも置けない奴がいるものである。

 西湘バイパスの手前で、メンバーの一人と合流した。

 9:20に西湘PAに到着した。 すでにメンバーの二人が到着していた。

 暖かく、穏やかな陽射しを浴びて、海も湖のように凪いでいた。

西湘PAから
西湘PAからの眺め

 集合時刻10:00の少し前、会長の携帯に電話が入り、西湘PAを通り過ぎたらしいと言う。

 会長曰く、「未だもう一人到着してないから、戻ってらっしゃい」。

 そう言われて、どうやって戻ったらいいんだと困惑したらしいが、そのあとの会話で、まだ西湘PAの手前だったことが分かり、一件落着。

 7人全員が揃って、予定通り10:00に出発した。

 早川ICで降りて、海岸沿いに小田原を経由して、11:45、伊東の蕎麦屋「鈴穂」で昼食になった。

伊東での昼食
伊東での昼食

 12:35に出発して、R135を行く。 左手に大島が良く見える。

 13:15、稲取の「ガスト」でコーヒーブレークになった。

稲取の「ガスト」にて
稲取の「ガスト」にて

 13:55に再び走り始めたが、宿のチェックインには早過ぎたので、下田市街まで走り、唐人お吉記念館のある「宝福寺」を訪れた。

 浄土真宗の宝福寺は、永禄2年(1559年)の開基で、嘉永7年(1854年)に締結された日米和親条約により、下田開港となり、新たに設置された下田奉行の宿舎となり、仮奉行所となったそうである。

 墓地には、ハリスに仕えたお吉の墓がある。

宝福寺 唐人お吉記念館
宝福寺と唐人お吉記念館

 その後、道の駅「開国下田みなと」にも立寄ってみた。

道の駅「開国下田みなと」 遊覧船「黒船」
道の駅「開国下田みなと」    遊覧船「黒船」

 約10分で、今夜の宿「下田プリンスホテル」に15:30に到着した。

 今日のツーリングは、20度を越える暖かさと、穏やかな好天に恵まれて、実に気持ちの良いツーリングを楽しむことができた。

下田プリンスホテル正面 下田プリンスホテルの海側 ホテル前の海
下田プリンスホテル正面     下田プリンスホテルの海側    ホテル前の海

 ホテルには、温泉大浴場しかなく、露天風呂はなかったが、夏のハイシーズンでは1泊42,000円、オフシーズンの今でも28,000円するというだけあって、食事も雰囲気も一流を感じさせるものがあった。

 温泉大浴場からの眺望は素晴らしく、特に今日は天気が良いので、居ながらにして大島、利島、鵜渡根島、御蔵島、式根島が海に浮ぶように眺めることができた。

 夕食は、和食、寿司、洋食の中から選ぶことができたが、全員和食にした。

 なかなか美味しい料理に満腹になった後は、部屋に戻って酒盛りとなった。

 フィギュアスケートのNHK杯女子で、期待に応えて浅田真央が優勝した。

夕食1 夕食2 夕食3
彩り鮮やかな和食の膳      焼き物             豚の角煮

夕食4 夕食5
金目鯛の揚げ物、ご飯、吸い物、香の物  デザート

 夕食後部屋に戻ってくる頃、雷を伴う通り雨があった。 まったく予期しなかったことなので驚いた。

ミルフィーユゴルフクラブ

  • 2008/11/25(火) 22:35:59

11月25日(火)曇り時々晴れ

 日増しに寒さが身に沁みるようになってきた今日は、初めて訪れる千葉の「ミルフィーユゴルフクラブ」でラウンドすることになった。

 メンバーは、いつもの千葉のゴルフ仲間である。

 5:00に起きて、5:45に我が家を出発し、ガソリン・スタンドでガソリンの補給とエア・チェックを済ませて、6:10に新代田駅で友人をピックアップしていった。

 昨日からの雨は上がっていて、晴れ間が出てきたが、気温は3度と寒さが心配だった。

 7:30にクラブハウスに到着。

 9:16のスタートなので、友人と2度目の朝食を摂りながら時間調整した。

クラブハウス前
クラブハウス前の美しい風景

 スタートする頃には、気温も15度を超えてきて、ラウンドしていると汗ばむ位だった。

 このゴルフ場は、距離は短いが、コースが狭く、グリーンが難しかった。

ホール
距離は短いが、スコアメイクに苦労した

 15:50にゴルフ場を後にして、茂原街道経由、蘇我ICから高速に入り、幡ヶ谷ICで下りて、明大前まで友人を送り、17:50に帰宅した。

歩行距離:約7.5km(歩数計で11,500歩)


明治座「3丁目の夕陽」

  • 2008/11/22(土) 22:39:44

11月22日(土)快晴

 親戚からチケットをいただいたので、今日は、生まれて初めて、大きな劇場でお芝居を観てきた。

 「良い夫婦」というゴロの今日を意識した訳ではないが、私の趣味ではない観劇に、家内と二人で洒落込むことになった。

 もちろん、明治座に入ることも初めてのことである。

 上演は夜の部だったので、スポーツクラブでアクア・コンディショニングのレッスンに参加してから出掛けた。

 中野富士見町駅から、丸の内線・新宿線を乗り継いで、浜町駅で下りた。

明治座 紅葉
明治座のあるビルと近くの紅葉

 親戚からいただいた入場券は、1階席・正面・5列目のとても良い席だった。

チケット
チケット

 それにしても、1階席が12,000円、2・3階席でも5,000円と、決して安くはないのに、8割方の席が埋まっていたのには驚いた。

 世の中、不景気風が吹いていると言っても、この程度の出費はどうということはないのだろうか。

 お芝居は、昭和30年代の東京・下町に暮らす人々の日常を描いたもので、自分の10代の頃の情景を懐かしく想い起こすことができた。

3丁目の夕日
「3丁目の夕日」のポスター

 主演の三田佳子をはじめ、プロの俳優の動作は無論のこと、口調のメリハリや間の取り方の見事さには感心させられた。

 また、施設が新しいせいか、音響効果が素晴らしく、当時の流行歌の演奏を楽しく聴くことができた。

 幕間が、30分と25分取られたので、1回目の幕間に、3階の売店で買っておいた弁当で夕食にした。

 20:15にお芝居が跳ねて、来た道を通って、21:00過ぎに帰宅した。

 上演中、物音を立てないように、じっと座ってお芝居を観るのは、かなり辛く、私の性には合わないことを改めて実感した。


パソコンでの年賀状作り

  • 2008/11/22(土) 08:56:35

11月21日(金)晴れ

 今年も年賀状作りの季節がやってきた。

 親戚の年賀状作りを手伝うために、狭山まで出掛けて行った。

 パソコンを使った年賀状作りは、年に一度の事なので、なかなか操作を覚えられないようで、今年も出陣することになった。

 当初は、バイクで行こうと思っていたが、この2、3日寒波が来ているらしいので、車で行くことにした。

 10:00頃出発したが、昼間の時間帯はどうしても時間が掛かり、12:00過ぎに到着した。

 昼食後、下準備だけしておいて、14:30頃、近くの温泉「やまとの湯」へ行ってきた。 ほぼ4ヶ月ぶりだ。

 17:00過ぎから作業に取り掛かったが、最新ソフトのダウンロードから始まり、挨拶画面の作成や、住所録の更新喪中の宛名の印刷除外処理などで、結構時間が掛かり、夕食もご馳走になってしまった。

 ようやく印刷を終えて、22:00頃帰路に着き、23:00過ぎに帰宅した。

広重「名所江戸百景」めぐり22吉原コース:JASSイベント紀行−その44−

  • 2008/11/17(月) 22:34:31

11月17日(月)快晴

 昨日の雨空とは打って変わって、今朝は快晴の好天に恵まれた。

 爽やかな秋晴れの中、JASSのイベント「広重・名所江戸百景めぐり」第22回吉原コースに参加してきた。

 今回は、50名近くの申し込みがあったそうで、2班に分かれて行くことになった。

 先発のA班は、ガイドをして下さる東京シティガイド江戸百景グループの七尾さんをはじめ、アシスタントの国保さん、桐山さん他、総勢25名(内女性4名)が参加した。

 コースは、浅草駅を起点に⇒猿若町(第90景「猿わか町よるの景」)⇒待乳山聖天⇒墨田公園(竹屋の渡し跡)⇒今戸橋⇒山谷堀公園(第100景「よし原日本堤」)⇒紙洗橋⇒地方橋⇒東禅寺(江戸六地蔵)⇒春慶院(高尾太夫の墓)⇒見返り柳⇒吉原大門⇒仲の町(第38景「廓中東雲」)⇒吉原神社⇒吉原弁天⇒鷲神社・二の酉(第101景「浅草田圃酉の町詣」)で流れ解散となった。

 気温は20度前後で、歩いていると汗ばむ位の陽気だった。

 今回も、同じ台東区に昔住んでいたことがあるのに、まったく歩いたことのない道筋を歩くことができて、懐かしさと新鮮さが入り混じって、散策を楽しむことが出来た。

 注)JASSイベント紀行の一覧をご覧になりたい方は、画面左下「リンク」内の「JASSイベント紀行一覧」をクリックしてください。

続きを読む

太平洋マスターズ観戦

  • 2008/11/15(土) 22:28:26

11月15日(土)晴れのち小雨

 知人から「2008三井住友VISA太平洋マスターズ」の4日間通しのペア・チケットをいただいたので、決勝ラウンドの今日、友人と二人で「太平洋クラブ御殿場コース」に行ってきた。

 クラブハウスの食事券が付いていたが、親戚の人から「昼食は選手は食べないし、レストランが混むので、朝食を選手とともに摂るのが良い」というアドバイスに従って、6:40に別荘を出発した。

 箱根の別荘から「太平洋クラブ御殿場コース」までは、R138経由で約30キロの道のりだ。

 7:30に会場に到着し、スタッフ用の駐車場に誘導され、送迎バスでクラブハウスに入った。

 早速、レストランに入って、選手の皆さんと一緒に、ゆっくり朝食を楽しんだ。

御殿場コース
スタートを待つ1番ホール

 今回は、17歳の石川遼君が初日トップになっていたので、今日からの決勝ラウンドが大いに楽しみになった。

 今回は、今年のマスターズ・チャンピオンのトレバー・イメルマン、今年のUSPGAツアーで大活躍の今田竜二、ツアー25勝で永久シードを得た片山晋呉など、ビッグネームが凌ぎを削る楽しみな大会になった。

 OUTの1番ホールのテーイング・グラウンドの脇に座って、9:35からスタートしていった12組を観戦した。

 11:30頃、軽い昼食の後、7番から9番まで石川遼君のパーティを追ったりしてから、18番ホールのグリーン・サイドに陣取り、最終組まで観戦した。

 予報に反して、午後から小雨がぱらつき始め、22〜24度位あった気温が16〜17度位まで急に下がってきた。

 16:15ゴルフ場を後にしたが、御殿場ICまでが大渋滞の上、東名に入ってからも、中井から先の事故渋滞と重なり、19:30にようやく我が家に辿り着いた。

ベルビュー長尾ゴルフ倶楽部

  • 2008/11/14(金) 22:22:37

11月14日(金)晴れ

 明日の「太平洋マスターズ」観戦前に、同じ御殿場の「ベルビュー長尾ゴルフ倶楽部」で友人と二人でラウンドすることになった。

 友人が我が家まで来て、私の車で6:40に出発した。

 今夜は、箱根の親戚の別荘に泊まる予定で、近所に適当な食事処がないので、海老名SAで美味しそうな「中華弁当」と「しゅうまい」や「小田原かまぼこ」などを買って行った。

 天気予報では、今日、明日とも気温が上がって、晴れると言っていた。

 8:30にクラブハウスに到着した。 正面に、頂上に雪を被った富士山をくっきり見ることが出来た。

富士山1 富士山2
雲ひとつない見事な富士山の姿を終日眺めることができた

 9:34OUTコースからスタートした。

 風もなく、気温も18度前後と暖かく、実に快適なラウンドを楽しむことができた。

 15:00、富士山を眺めながらお風呂に入り、時間がたっぷりあるので、サウナや水風呂も楽しんだ。

 ゴルフ場を後にして、16:20に箱根の別荘に到着した。

 辺りの紅葉はかなり進んでいて、見事な彩りを競っていた。

孫の七五三

  • 2008/11/08(土) 20:17:59

11月8日(土)小雨のち曇り

 今日は、来月満5歳を迎える、孫のヒロくんの七五三のお祝いをすることになった。

 生憎朝から冷たい小雨が降り始めていた。 予報では、昨日より7度も低い15度前後になると言っていた。

 幸い、午後になって、ほぼ雨も止んでくれた。

 午後2時からの記念撮影に備えて、1時半頃、杉並区の「大宮八幡宮」に到着した。 かなり七五三の参詣客で賑わっていた。

大宮八幡 のぼり パンフ
大宮八幡宮の境内には、のぼりやパンフレットで雰囲気を盛り上げていた

 「清涼殿」に入って、控え室で待った後、写真撮影を無事済ませた。

 境内の「冬桜」は、可憐な花をつけていた。 冬と春に花が咲くそうである。

清涼殿 冬桜
清涼伝             冬桜

 3時頃から「ご祈祷」を受け、清涼殿に戻って「直会」(なおらい)でお神酒とお茶・御菓子をいただいた。

お神酒 御菓子
お神酒をいただく    その後でお茶と御菓子をいただいた

 大宮八幡を後にして、会食のため、大人6人と孫が2台の車に分乗して、新宿の「ヒルトン・ホテル」に向かった。

 時間調整のため、ホテルのロビーでお茶をいただきながら、しばし歓談して過ごした。 ヒロくんは、慣れないことでかなり緊張したこともあって、その間熟睡していた。

 6時頃から、ホテルの地下にある日本料理の「鴨川」で会食になった。

 初めて入った店だったが、懐石料理かなという予想に反して、気取ったところのない大皿料理が中心で、ボリュームも満点だった。

料理1 料理2 料理3


料理4 料理5
鯛のアラ煮の大皿は、圧巻だった

料理6
おでんも大鍋で出てきて、とても食べ切れる量ではなかった

料理7
ボリューム満点のサラダ

 この後、「焼きおにぎり」と「赤だし」にお新香が出て、最後にデザートのババロアをいただいて、正に満腹になった。

11月の塩嶺カントリー:3日目

  • 2008/11/06(木) 22:38:09

11月6日(木)晴れ

 6:30起床。 今日も朝から素晴らしい秋晴れに恵まれた。

 8:12スタートなので、7:30に山荘を出発した。 道路には、かなりの量のからまつの落ち葉が積もっていた。

 ゴルフ場は、平日にもかかわらず、結構混んでいるようだった。

 一番目にスタートしたので、1時間半でハーフを終えてしまった。 昼食には早過ぎるので、一端山荘に戻って、帰り支度を済ませてきた。

フェアウェイ 北アルプス3
秋らしい色付きのフェアウェイ  昨日に続いて見られた北アルプス

 10:42に後半のハーフをスタートし、お風呂にも入らず、昼食も摂らずに、13:20にクラブハウスを後にした。

 山荘に戻って、帰り支度をして帰路に着いた。 途中、しいたけ農園に立寄ってみたが、既に商品は置いてなかった。 残念

 14:00に塩尻の「テンホウ」で昼食を済ませ、隣りの「西友」を覗いてみると、家内に頼まれていた「本かりん」が置いてあったので、買って帰ることができた。

 ついでに「宮坂園」にも寄って、「種無しデラウェア」をお土産に買ってきた。

 14:40に塩尻ICから高速に入り、高井戸ICで下りて、友人を明大前駅までお送りし、17:30に我が家に到着した。

歩行距離:約6.8km(歩数計で10,500歩)