娘の香港出張で

  • 2008/02/25(月) 10:30:00

2月25日(月)快晴

 今日から4日間、娘が仕事で香港に出張するため、我が家も孫のヒロクンの世話を手伝うことになった。

 毎日のようにヒロクンと顔を合わせているとは言っても、それはあくまでも母親が傍にいてのことなので、母親が傍にいないとまるで勝手が違ってくる。

 私の主な役割は、ヒロクンの保育園の送り迎えなのだが、保育園カバンに入れる荷物の準備や連絡帳への記入などを考えると、ハタと困ってしまう。

 ということで、ヒロパパ(ヒロクンの父親)を始め、家内と私は無論のこと、家内の妹やベビーシッターまで動員して4日間を過ごすことになった。

 日頃の孫の世話に、いかに母親の役割が大きいかを改めて認識することになった。

保育園の発表会

  • 2008/02/22(金) 11:00:00

2月22日(金)快晴

 今日は、孫のヒロクンが通う保育園で、「おおきくなったね」と題する歌やお芝居の発表会があるということで、カメラ片手に行ってきた。

発表会場
保育園の入口

 会場は、我が子や我が孫の晴れ姿をみようと、ウィークデーにも拘わらず大勢詰め掛けていた。

保育園
綺麗に設営された発表会場

 3歳児から5歳児が、司会や合唱、手遊び、お芝居と日頃の練習の成果を披露してくれた。

 幼い子供たちを、一通り発表できるまで指導する先生方の苦労は大変だったと思う。

 ヒロクンの合唱とお芝居の出番を見て帰ってきた。


音楽博物館とお寿司:JASSイベント紀行−その31

  • 2008/02/20(水) 15:54:08

2月20日(水)快晴

 今回は、世界に1台しかない貴重なチェンバロがあるという、「音楽博物館」に惹かれて、「音楽博物館とお寿司」のイベントに参加した。

 最高気温が10度を超える予報だが、風は冷たい。

 9:35に我が家を徒歩で出発し、バスで新宿駅に出て、総武線で10:30集合の信濃町駅に10:10に到着した。

 企画・運営委員の吉田さんご夫妻をはじめ、総勢40名(女性16名)が参加した。

 目指す音楽博物館は、慶応病院の並びで、駅からは数分の近場にあった。

民音 入口
音楽博物館のある洒落た建物   民音の入口

 早速、館長自ら解説していただいた。 とても分かり易く、興味深い説明だった。

 最初は、2階の「古典ピアノ室」で、1580年代製作のチェンバロから近代までの貴重なピアノについて見学し、生演奏を聞かせていただいた。

 チェンバロとフォルテピアノの音色の違い、打楽器付きピアノ(コンラッドクラーク)、エラールなど、実際に演奏していただいたお陰で、十分楽しむことができた。

 ベートーベンが愛用したというピアノでは、「ベートーベンの指紋が残っているかも」という館長のジョークが皆さんの笑いを誘っていた。

 最後に、特別サービスとして、3人の若い女性スタッフの方々が、チェンバロ、バイオリンの演奏で歌曲を歌ってくれた。 素晴らしかった。

 また、ウェルテ自動再演ピアノによって、サンサンスの演奏を実に見事に再演してみせてくれた。

 その後、「オルゴール展示室」では、歴史的オルゴールの音色を楽しみ、コミカルな動きの自動人形も楽しむことができた。

 企画展示室では、「弦鳴楽器の世界」という企画展が開催されていた。

 世の中の楽器は、大別すると、弦の振動を音とする「弦鳴楽器」、空気の振動を音とする「気鳴楽器」、自体の振動を音とする「体鳴楽器」、膜面の振動を音とする「膜鳴楽器」になるそうだ。

 珍しい楽器を見ること以上に、少しでも多くの人に触ってみてもらおうという主催者の配慮が素晴らしいと思った。

 来館記念のオルゴール演奏のCDをいただき、昼過ぎに音楽博物館を後にして、直ぐ隣りの信濃町煉瓦館の地下にある鮨処「八千代」で昼食になった。 とても美味しかった。

八千代 握り寿司 あなご寿司
鮨処「八千代」         握り寿司            あなご寿司としじみの味噌汁

 12:45に「八千代」で流れ解散となり、13:20に帰宅した。

 今回の「音楽博物館」は大して期待していなかっただけに、近場にこんな素晴らしいところがあったのかと思うほど、大いに満足して帰ってきた。

歩行距離:自宅から約2km(歩数計で3,200歩)
消費カロリー:96キロカロリー
費用:参加費(昼食込みで2,800円)、交通費(660円)、合計3,460円


所得税の確定申告とパスポートの受取り

  • 2008/02/18(月) 12:56:18

2月18日(月)晴れ

 所得税の確定申告受付初日の今日、早速、家内と私の分の確定申告をしてきた。

 別に早くしたからといって、税金が安くなる訳ではないのだが、どうせやらなければならないならということで、毎年初日に申告することにしている。

 2月も半ば過ぎて、心なしか空が明るくなってきたような気がする。

 今日もまだ風は冷たいが、明るい陽光に誘われて、家内と二人で都庁までパスポートの受取りに行ってきた。

 いくらICチップ内蔵だからといって、10年旅券で16,000円は高いような気がする。

 前回は、45階の展望室の「サバティーニ」でランチにしたので、今日は32階の職員食堂に行ってみた。

 定食が500円前後で食べられる。

 食堂のスペースもゆったりしていて、味も量も十分満足できた。

親友の急逝

  • 2008/02/15(金) 13:22:58

2月15日(金)晴れ

 昼前に1本の電話が入った。 小学校時代からの同級生からだった。

 同じく小学校時代の同級生で、当時近所に住んでいた親友の一人が、昨日癌のため亡くなったという。

 余りの突然のことで呆然としてしまった。

 彼は小学校のクラス会の幹事をやってくれていて、今年はどこでやるか相談に乗っていたので、そろそろメール連絡を入れようと思っていた矢先のことだった。

 今年の年賀状でも、元気そうな便りがあったのに、どうしてという思いで暫く呆然と、昔からの彼との思い出のシーンが走馬灯のように頭を駆け巡った。

 それにしても、早すぎる。

 まだまだ、これからの人生だというのに・・・

 彼のご冥福を心から祈りたい。


振込め詐欺

  • 2008/02/13(水) 14:57:02

2月13日(水)晴れ

 昼過ぎに、1本の電話が入った。

 風邪気味なのか、どうやら珍しく息子かららしい。 以下、息子?(犯人)と私の会話。

犯人
:「会社をクビになりそうなんだ」

私 
:「何だ藪から棒に」「鼻声だけど、風邪でもひいたのか?」

犯人
:「このところ寒かったから」「去年、xx大学の同級生の父親が急に亡くなって、葬式代が無くて、泣いて貸してくれと頼まれたので、たまたま手元にあった会社の金、300万円を貸したんだけど、その後連絡が取れなくなっている。 このままだと、会社に知れて刑事訴追されクビになってしまうけど、面倒みてくれている部長が今かえせば何とかしてくれると言っている。」

私 
:「返すと言っても、どうやって返すんだ」「そもそも、お前の仕事からして、会社の金を手にする機会はない筈だろう」

犯人
:「返さないとクビになって、父さんに迷惑をかけることになるので、サラ金や消費者金融にあちこちあたっているんだけど、金利が高くて」

私 
:「そういう問題じゃないだろう」「今どこにいるんだ」「パパは今家にいるから、詳しい説明にいらっしゃい」

犯人:「父さんに迷惑かけたくないから、何とか貸してくれるところを探してみる」

 どうやら、私の対応にヤバイと思ったのか、最後は逃げてしまった。

 私は、気持ちが悪いので、念のためと思って、息子の携帯電話に電話したり、メールを送信して、至急連絡を取るように指示した。

 直ぐに、息子から電話が入って、「何の用?」ときた。 やはり、振込め詐欺の電話だったのだ。 危ない危ない!

 それにしても、犯人の化け方は見事なものだ。 かなり用意周到な下調べをしてくるようだ。

 私が、息子を信用していて、最初から「息子がそんなことをする筈がない」と疑いを持っていたので、冷静に対処できたため、詐欺に引っ掛からなかったと思う。

パスポートの更新

  • 2008/02/08(金) 09:28:54

2月8日(金)晴れ

 パスポートの有効期限が4月までなので、家内と二人で都庁まで行ってくることにした。

 私は、都庁が新宿に移転して以来初めて行くので、何となくワクワク感があった。

 9:45に我が家を徒歩で出て、バスで「新宿住友ビル」バス停で降りた。空いていれば5〜6分で行くところを、渋滞のため15分も掛かった。

旅券センター
旅券センターのある都庁の建物

 申請書を書き、パスポート用の写真を撮り、持参した現パスポートと自分の宛先を書いた葉書を添えて、窓口に提出した。

 11:00前に手続きが終わって、昼食にはまだ早かったが、以前から一度、都庁の展望レストランで食事をしたいと思っていたので、32階の職員食堂を覗いてみたりしてから、45階の北展望室に向かった。

都庁32階からの展望
都庁32階からの展望

 展望フロアには、イタリアン・レストランの「サバティーニ」(La TERRAZZA SABATINI)とおもちゃ屋さんの「博品館」があって、お互いに仕切られていないので、眺望が楽しめるように配慮されている。

サバティーニ全景 サバティーニの店内
サバティーニの全景       サバティーニの店内

 とても落着いた雰囲気で、ランチは3種類の中から選ぶ(各980円)形で、食後の飲み物も付いている。

 この眺望、雰囲気と低価格のランチは、正に”穴場”の感がある。

 今度は、夜景を楽しめる夜に訪れてみたいものだ。

久しぶりの温泉ですっきり

  • 2008/02/07(木) 21:13:01

2月7日(木)晴れ

 今日は、久しぶりに家内が時間ができたということで、二人で狭山市の親戚を訪ねることになった。

 今日も依然として冷たい風が吹いていて、先日の雪があちこちに見ることができたが、予報では10度近くまで上がると言っていた。

 市内の「花篭」という和食の創作料理店で昼食をご馳走になった。

 この店は、以前にも何度か訪れているが、いつ来ても実に美味しい料理を出してくれる。

 十分料理を堪能した後、「やまとの湯」へ向かった。

 丁度2時間、色々な湯巡りをして、すっかり気分をリフレッシュすることができた。

 ついでに、久しぶりに体組成計で測ってみた。

 主たる計測値を挙げてみると、
・体脂肪量:11.3kg
・筋肉量:23.3kg(腕:3.2kg、脚:10.3kg)

体脂肪率:16.9%
・筋肉率:35.0%

 その結果の判定は、以下のようになった。
・BMI:普通体重
・体脂肪率:非肥満
・筋肉レベル(1〜8)
 全身:8 多い
 腕 :8 多い
 脚 :6 多い

 以前の測定値より改善しているところをみると、週に4〜5回スポーツクラブに通っている効果が出てきてるようだ。

電話料金のささやかな節約

  • 2008/02/06(水) 12:58:42

2月6日(水)曇り時々雪

 相変わらず寒い日が続いていて、今日も小雪が舞っている。

 今日、従来のTEPCOのひかり通信から、NTTのBフレッツに切替え工事があるので、思い立って、自宅の加入電話の方を「@ビリング」にすることにした。

 このサービスは、利用料金のお知らせ等を、郵送に代えてWeb上で知らせるサービスで、月額使用料や工事費は不要で、加入電話等の基本料金が110円(税込価格115.5円)割引になるというものである。

 金額としては大した額ではないかも知れないが、紙の処理が不要になるし、ささやかな節約にもなる。

 我が家では、NTTドコモの携帯電話を使用しており、以前から携帯電話については、「eビリング」という同様のサービスを利用してきた。

 ささやかな節約である。