今年も特製の白菜の漬物を

  • 2007/12/31(月) 16:50:28

12月30日(日)晴れ

 今年も例年同様、白菜の漬物をいただきに狭山の妹の家に行ってきた。

 この漬物は、妹のご主人が、ご近所の特別な白菜を分けていただいて、青森のニンニクや昆布、塩、自家製の唐辛子などで漬け込んだもので、これを食べると、とてもじゃないけど近所の八百屋やスーパーなどで買ったものなど食べられたものじゃない。

 ニンニクの摩り下ろしや漬け込み作業は大変な重労働と思われるが、その美味しさが恋しくて、毎年この時期になるといただきに行くのである。

 早速、白菜の漬物で昼食を頂いた後、ご主人と二人で近くの温泉「やまとの湯」でのんびりしてきた。

 ちょうど、29日〜31日限定の「年の瀬特別企画」という、30分の本場韓国のアカスリと10分間の足裏コスリ、入浴のセット(3,500円)に挑戦してみた。

 あまりの気持ち良さに、来年から年末の恒例行事にしようと話し合った。

焼津方面日帰りバスツアー

  • 2007/12/28(金) 12:51:39

12月27日(木)晴れ

 師走も押し詰まった今日、妹達夫婦と5人で、クラブツーリズムの焼津方面日帰りバスツアーに参加することになった。

 本当は、去年参加したトラピックスの「焼津・大歳暮祭」に今年も参加したいと考えていた。

 その時の、「大トロあぶり寿司やぼたんエビの握り寿司の食べ放題」や「御殿場高原の250万球のイルミネーション」などをもう一度体験したいと皆で楽しみにしていたのだ。

 いつまで待っても同じ企画が発表にならないので、家内がトラピックスに電話してみたが、今年はないということで、仕方なく今回のツアーに参加することになった。

 コースは、竹の塚(7:00発)⇒北千住(7:30発)⇒上野(8:00発)⇒静岡(わさび店、製茶店)⇒焼津さかなセンター(昼食)⇒駿府匠宿⇒由比(さくらえび館)⇒御殿場(プレミアムアウトレット⇒上野(20:00)⇒北千住(20:30)⇒竹ノ塚(21:00)となっていた。

 予定より1時間遅れて、21:00に上野駅に帰ってきた。

 お目当ての一つだったイルミネーションがすでに終わっていたり、お土産のマグロが切り身のブロックではなく一匹まるごとで途惑ったりはしたが、師走の一日を皆で楽しむことができた。

往きの富士山
快晴の青空に映える富士山

続きを読む

孫の急成長

  • 2007/12/26(水) 14:04:44

12月26日(水)晴れ

 先週、孫のヒロクンが満4歳の誕生日を迎えた。

 いつの間にか、体重は15kgを超え、ダイニングテーブルの上が見えなかった身長も100cmを超えるまでになっている。

 毎日のように会っていると、身体的な成長にはそれ程気付かないが、急速に物言いがはっきりしてきて、自分でも「ジジバカ」じゃないかと思うほど、彼の賢さには目を見張るものがある。

 保育園から帰宅するタイミングを見計らって、ヒロクンの住むマンションに通っているが、いつの間にか、私が帰る時には「気をつけて帰ってね!」とヒロクンに見送られるようになっている。

姪夫婦の壮行会

  • 2007/12/24(月) 22:52:03

12月24日(月)晴れ

 姪夫婦が、来年1月早々に米国へ転居することになったので、急遽親戚が集まって壮行会をすることになった。

家内と娘夫婦+孫の5人で、バスで永福町まで行き、井の頭線で吉祥寺で降りた。

 街は、クリスマス・イヴとあって、かなり賑わっていたが、流石に風は冷たい。

 会場は、主催者の親戚が日頃贔屓にしている「子狸」(こだぬき)という料理屋さんで、18:00から会食が始まった。

 転居先がカリフォルニア州のトーランスということで、皆さん早くも訪問の約束を連発していた。

 仔狸
会場の「仔狸」

 このお店は、料理の美味しさが自慢で、今回も新鮮な魚介類の刺身やアンコウ鍋を堪能することができた。

 車エビなどは、何度も飛び跳ねて、お皿の外に跳び出していた。

鍋
美味しい料理で満腹になった

 最後は、アンコウ鍋の雑炊で締め括ってから店を後にした。

広重「名所江戸百景」めぐり?王子滝野川コース:JASSイベント紀行−その27

  • 2007/12/22(土) 20:18:14

12月19日(水)曇り

 今年参加する最後のJASSイベント、広重「名所江戸百景」めぐりシリーズの8回目の王子滝野川コースに参加した。

 薄日がさす程度の曇り空で、最高気温で10度に満たない寒い一日だった。

 企画・運営委員の日紫喜さんを始め、ガイドとアシスタントの東京シティガイド江戸百景グループの2名を含め、総勢24名(女性5名)が参加した。

 コースは、王子駅を皮切りに、飛鳥山(第17景「飛鳥山北の展望」)⇒音無親水公園(第19景「王子音無川堰堤」)⇒金剛寺(第88景「王子滝の川」)⇒正受院(第49景「王子不動の滝」)⇒王子神社⇒王子稲荷(第18景「王子稲荷の社」)⇒装束稲荷(第118景「王子装束ゑの木」)⇒東京メトロ南北線王子駅⇒赤羽岩淵駅⇒新荒川大橋(第20景「川口のわたし善光寺」)⇒東京メトロ南北線王子駅で流れ解散となった。

 今回も、初めて歩くところばかりで、特に滝野川辺りの起伏に富んだ地形が印象的だった。

注)JASSイベント紀行の一覧をご覧になりたい方は、画面左下「リンク」内の「JASSイベント紀行一覧」をクリックしてください。

続きを読む

クリスマス昼食会

  • 2007/12/22(土) 15:03:22

12月22日(土)曇り

 今日は、クリスマス・パーティということで、我が家と娘一家で東京ヒルトンホテル内の「チェッカーズ」というレストランへ行った。

 息子も参加したので、大人5人と孫のヒロクンの内輪のパーティだ。

 11:00に我が家に集合して、車1台に乗り込んで、新宿の東京ヒルトン・ホテルに向かった。

チェッカーズ


 かなり人気があるのか、11:30の開店と同時に大勢の客が一斉に入店していった。

 特に、女性のグループが目立っていた。

 生牡蠣がとても美味しかった。

 満腹になって、13:00過ぎに我が家に帰ってきた。

料理 デザート
バラエティに富んだ料理     つい食べ過ぎたデザート

障子や襖の張替え

  • 2007/12/18(火) 17:31:40

12月18日(火)晴れ

 今年も余すところあと2週間となり、大掃除の時期がやってきた。

 毎年ポイントを絞ってやるようにしているが、今年は、和室の「障子と襖の張替え」を中心にやることにした。

 ついでに、キッチンの流し台の側面の巾木も交換することにして、ホームセンターへ材料を買いに行ってきた。

・麻入りアイロン貼り障子紙  @1,080 x 2
・和紙ふすま紙        @1,080 x 2
・ふすまマスキング・テープ    @158 x 2
・竹ベラ             @128 x 1
・おさえハケ           @398 x 1
・ソフト巾木           @208 x 1
・セメダイン・スーパー      @980 x 1
・カッターナイフ         @147 x 1
・カッター替刃          @108 x 1
・平頭釘             @315 x 1

 以上、合計6,920円。

 巾木は直ぐに取付けることができた。

 障子は、古い紙を全て剥がし、初めての試みのアイロンで貼る方式に挑戦してみた。

 なかなか仕上がりは綺麗にできるようだ。 剥がす時にもアイロンで暖めると能書きにはあるが、果たして簡単にいくかどうか。

今年最初の忘年会は人形町で

  • 2007/12/14(金) 23:21:30

12月14日(金)

 今年最初の忘年会は、ゴルフ仲間と人形町でやることになった。

 お酒の飲めない人間なので、スクーターで行くことにした。

 少し余裕をみて、17:05に家を出発したが、師走の道路はかなり渋滞していて、店の近くに到着したのは、約束の18:00になっていた。

 お店は、「味咲」(みさき)という、グルメな友人が昔から贔屓にしているところだけあって、料理は実に美味しかった。

http://www.unsui.info/misaki/


 そのせいか、お客はほとんどが女性で占められていた。

 会食の後、近くのカラオケ店へ寄ったが満員だったので、茅場町のカラオケ店まで行って、1時間ほど過ごしてから帰路に着いた。

 店を出る時も、入店待ちの人が大勢いた。 流石に忘年会シーズンだけのことはある。

今年最後のラウンドは、エーデルワイスゴルフクラブ

  • 2007/12/12(水) 17:31:32

12月12日(水)晴れ

 今年最後のラウンドは、埼玉県のエーデルワイス・ゴルフクラブになった。

 未だ外は暗い5:30に起きて、6:30に我が家を出発し、6:40に新代田、6:45に代田、7時過ぎに練馬で、義理の弟や友人をピックアップして行った。

 8:56にスタートしたが、気温は4〜5度で風も冷たく寒かったが、徐々に気温が上がって、昼過ぎには15度位になったので、のびのびとゴルフを楽しむことができた。

 ゴルフ場からキムチのお土産をいただいて、15:00にゴルフ場を後にした。

 一般道も関越自動車道も順調に流れて、16:30には我が家に帰り着くことができた。

良識を疑われるコメンテーター

  • 2007/12/10(月) 13:02:41

12月10日(月)晴れ

 昼食前の一時、何気なくテレビ朝日の「ワイド・スクランブル」を眺めていた。

 漫画家の新築工事で、紅白の外壁に関する訴訟問題について、レギュラー・コメンテーターのN氏の良識のないコメントに唖然としてしまった。

 「紅白の外壁は止めて欲しい」という近隣住民の訴えに対して、何と「法律に触れる訳ではないし、個人の自由なのだから文句を言う方がおかしい」とコメントしたのである。

 隣接する家の人にしてみたら、四六時中、紅白の外壁を見せられてはたまったものではない。

 建築主の漫画家のエゴもさることながら、「法律に触れなければ何をしても良い」と言わんばかりのコメントを聞いて、呆れ返ってしまった。

 非常識なコメントを平気で言うコメンテーターが横行している現代、レギュラー・コメンテーターと言えども、この程度かと思うと嘆かわしいものがある。